FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

「1961年8月13日 壁はベルリンの真ん中にそびえ立った」

ヘド友からメールで知らされた
「ニュースでやっていたよ~昨日はベルリンの壁ができてから50年だったって」

おお、そうだった!!

ネットで関連記事を探してみたら、
NHKのNEWSWebで
ベルリンの壁50年 追悼式典の記事とニュース映像
があった

越後出身のワタシにとって8月13日はお盆なのだが
8月13日と聞くとイツァークの声が聞こえてくる

「1961年8月13日、壁はベルリンの真ん中にそびえ立った。
世界は冷たい戦争で引き裂かれ、ベルリンの壁はそのシンボルだった。
誰もがその壁を憎んだ…」

そして記事のウルフ大統領の
「ベルリンの壁で亡くなったすべての人々を思い起こし、追悼します」
を読むと、聞こえてくるのはヘド姐さんの声…

「でも一体どうやって越えたらいいの!?
越えようとしてみ~んな死んでる」

笑わせたり怒ったり泣いたりしながらの弾丸トークと爆発的なライブの裏には
この2人が背負っている宿命があり、歴史に翻弄された苦しみがある、
それはこの世界のすべての悲劇と愛と哀しみに通じる…

ワタシはまだまだヘドウィグを半分も理解していない気がする
あまりにも奥が深く、あまりにも繊細で、あまりにも強い…

ワタシにとってヘドウィグは永遠だ


そういえば、今まで2度ほどドイツに行ったが、東西が分断されたドイツだった。
ああ、いつかまたドイツに行ってみたい。
東と西がひとつになったドイツに行ってみたい!
そして今度はぜひベルリンに行きたい!

スポンサーサイト



カテゴリ: ・HEDWIG

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/959-335ccac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top