FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

私の原点~大阪紀行(4)

いよいよ司馬遼太郎記念館に入った!!

門には「司馬遼太郎」という表札
大阪紀行



正門を入ってすぐ、庭の中の緑の小途を進むと
司馬先生の書斎があった(感涙)

菜の花が満開の中、ガラス越しに見える書斎…
大阪紀行


ここで、あの名作の数々が生み出されたんだなぁ…

大阪紀行

『燃えよ剣』を執筆するために取材で日野の石田を訪れた司馬先生!
そのまさに取材先の日野石田に住む自分が、今こうして司馬先生の書斎を訪れている!!

なんとも言えない気持ちで胸がいっぱいになった


館内入口近くには、司馬さんが書いた文章を刻んだ花供養碑があった。
大阪紀行


館内に入ると高さ11メートルの壁面いっぱいの書棚があり、
約2万冊の本がイメージ展示されていた。

その数にただただ圧倒された!!

初めて見た、燃えよ剣の初版本、そして血風録の初版本

峠、花神、幕末、竜馬がゆく、王城の護衛者、翔ぶが如く、世に棲む日日、国盗り物語、義経、関ヶ原…
もう書ききれないほどの名作また名作の砦にため息が出るのみだった。

もう何をどうしたらいいかわからず、ただただ
「すごいね~」
「すごいよね」
と、友と何度も同じ言葉を繰り返して言い合っただけだった…
言葉にならんのよ~

作品の数々と資料の展示に圧倒されつつ、ホールでのミニ上映を観た!
(この時は司馬先生の過去のインタビュー映像集だった)


菜の花に見送られて記念館をあとにし、チャリを漕ぎながら八戸ノ里駅まで来た。
そして、友が案内してくれた珈琲館に入った。

そのお店は…

続く~
スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/858-0c921108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top