FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

兼定の刀身展示が始まった!(追記あり)

今年も兼定に会えた(感涙)


毎年この時期になると土方資料館で始まる刀身展示…
今年は今日が刀身展示の初日だった!

資料館は本当にたくさんの人で溢れていて、
みなさん熱心に展示をご覧になっていました。

何度見ても、毎年見ても、
やはり兼定の刀身は見る度に感動するなぁ

じっと見つめていると、鞘の鳳凰と牡丹がいつもよりくっきり見えてきたような気がした…

刀身展示に合わせて、展示の配置が変わっていたり、新しい展示があったりして、さらに感動


石田散薬の薬箱が蓋をあけた状態での展示になっていて、
薬箱の中がちらっとでも見ることができた~
中は丁寧な木張りになっていて、蓋の上には
「石田村 土方氏」
という文字が見えた!!



また、新しい展示として、大鳥さんが訳した西洋歩兵関係の写本があった!
(メモし忘れたので本の正確なタイトルや内容がうろ覚えです

この写本は2冊並べて展示してあり、一見別の本のように見える2冊の本!!
でも、なんと2冊とも内容が全く同じ本なんだそうだ。
2冊のうち、
右は慶応3年に出されたもので、
左は明治2年に出版されたもの。
本のタイトルも出版元も違う本が、内容はそのままそっくりだそうだ。
つまり明治政府には、この大鳥さんの訳した本が必要だったってことかぁ…

この2冊を見ていたら、明治政府にとって大鳥さんをはじめとした旧幕府軍の知識がいかに必要だったかがわかる気がした…

(追記)
この2冊の展示については土方資料館日記に詳細がアップされました!
2冊は
・幕府陸軍所が出版した大鳥圭介訳の『仏蘭西歩兵程式』
 (慶応3年12月刊)

・新政府の兵学寮が出版した『歩兵程式』
 (明治2年12月刊)
この『歩兵程式』
「大鳥の名前の部分だけを削除して明治新政府がそのまま転用して発行」
したものだそうです。

※この2冊の展示は5月15日までの期間限定展示とのことです。



あと、近藤さんの肖像画の描かれた掛け軸もあった!
明治の中頃のもので、多摩出身の画家の作品だそうだ。



副長の矢竹の隣にある梅の木が実をつけていた!
副長
副長


去年限定発売された歳三飴が資料館で売っていたので、ゲット
今年は石田散薬バージョンもあった
副長

副長

副長


5月8日に歳三忌もある~ 5月は副長月間だぁぁぁ~
組



※今年の兼定刀身の特別展示は
4月17(日)30(土)
5月1(日)2(月)3日(火)7(土)8(日)15(日)。
です!

※また、ひの新選組まつりは中止になりましたが、
5月7日には
『がんばれ宮古!がんばろう日本! 
 チャリティーイベント新選組ファンの集い』
が開催されます!
詳細は日野市観光協会のここに出ています!


スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/774-cfbbe43d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top