FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

国芳展はめっちゃ楽しいらしい!

ナニワの監察方が拙者の呼びかけに応じてくれて(あはは)
歌川国芳展に行ってきた感想と写メを送ってくれた(嬉涙)
ナニワの友よ、ありがと~~~\(^o^)/

国芳1


なんと421作品もあり(すげ~)
テーマ別に第一章から第十章まで分けて展示してあったそうだ。
役者絵とか美人画とか風景画とか戯画とか・・・


ナニワの友の感想は
「鮮やかな色使いで、ポップで躍動感があってかっこいい」
「ダイナミックなのにものすごく繊細で、
 細かな部分まで命が通っている」
「当時の流行の最先端、風刺も利いていた」
と大絶賛!!

ものすごく見ごたえがあったとな

うおおお~~~
421作品も
これでなおかつ前期後期と入れ替えもあるらしいから、すごい!

これは時間をかけてゆっくり見たいなぁ…

国芳3 - コピー


サプライズだったのは
「松本喜三郎の生人形を描いた作品があった」」とな!
なんと、なんと松本喜三郎だとおおおお~
男前列伝で耕ちゃんがレポしたお方じゃないか~
男前なレポーターだったよなぁ・・・(しみじみ)

国芳さんが描いた喜三郎の生人形って、
いったいどんな感じなんだろう!?
(描かれていた生人形は男前列伝で紹介されたものではなく、
 別の人形だったらしいけど…)

よくよく考えてみりゃ、国芳さんも喜三郎さんも2人とも幕末のお方だから、さもありなんだが…

偶然とはいえ、この繋がりはすごいなぁ~
耕史くんの仕事って、不思議なご縁があるっていうか、
こういう繋がりが多い気がする





で、音声ガイドでござるよ!!!!

421作品のうち音声ガイドがついていたのが23作品
さらにプロローグと番外編もあったそうだから、
つまりは、音声ガイドは25個あったということだな!

全部で35分もあるそうだ。

ナニワの友曰く
「さすが耕ちゃん、聞きやすくてわかりやすい。
相変わらずええ声やねえ~」

なんの前知識もなく観に行ったが、この魅惑の音声ガイドのおかげでめっちゃわかりやすくて楽しめたそうです。

で、なおかつ
「わたしだけにささやいてくれるのよ~」
と妄想もできた模様(あはは)

5つの作品と番外編は例のスペシャルバージョン
耕史くんが弟子の芳宗になって語ってくれる鼻血もものガイドだったそうで
「あっし」「ごめんなすって」「~でさぁ」「おだぶつしちまって」
などなど江戸っ子のべらんめえ口調とな!
ああ、聞いてみたい、コウジボイスのべらんめぇ口調
あの声で~ぐほおおおお~~~
妄想するだけで鼻血が出そうじゃ~

友によると、べらんめぇって言っても荒っぽい感じではなく、上品なべらんめえだったとか・・・
「上品なべらんめえ」ってなんだ~(あはは)
でも、なんかわかる気がする
品があるのよね、何をやっても、このお方には

ああ、こんな風にナニワの監察方の報告を聞くと、
今すぐにでも飛んでいきたい!見たい!聞きたい!!!!!

上品なべらんめえを聞きたい~~~~~

東京は12月だもんなぁ
12月まで長いなぁ…

頭の中を「静岡」という文字がササ~ッとよぎったような気がしたが・・・

気のせいっすよね、きっと(^_^;)

スポンサーサイト



カテゴリ: ・歌川国芳展

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

こんばんは~。

私も一瞬「静岡」という文字がささ~っとよぎりました。e-351

同じ隣の県でも、東京の中心部に行くのと静岡ではわけが違いますね。e-327

同じく気のせいと言い聞かせつつ、12月まで待つようです。e-456
URL | うつぼざる #H6hNXAII
2011/04/17 20:43 * 編集 *

よぎりまくってないかぁ~(笑)

うつぼ殿

気のせい気のせい!
なんて自分に言い聞かせている時点で、
すでによぎりまくっているのでは~
あはは~(^_^;)

「よぎれども、暮れまで待とう、ホトトギス」 by レク玉
URL | レクイエム 0511 #.Lj5XGds
2011/04/18 16:54 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/773-0c5098b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top