FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

伝通院の桜

またまた桜の記事ですう


今日は伝通院の桜を見て、そのあと散策をし、
榎本総裁のお墓参りをしてきた…

行く先々で桜が満開で美しかった~~~(嬉涙)
何度も繰り返すが、今年の桜は本当にその美しさが心に沁みて感動するなぁ


まずは後楽園駅から歩いて伝通院へ向かった。
第一章のこちらの記事以来、5年ぶりの伝通院

なんと山門の新築工事の最中だった
うおお~立派な山門が建っていたああ~
伝通院

本堂へ行く石畳も新しく貼り直し中で、まだ通れなかった…
伝通院

土スタでは副長・総長が語らいながら通った石畳だったなぁ…

伝通院の提灯が山門脇にある仮の出入口に移動してあった。
伝通院




伝通院の本堂…
この階段は、土スタで副長・総長が腰かけて思い出を語った場所だぁ~
伝通院

本堂の脇のしだれ桜も満開だった!
伝通院



手桶を見ると、ついつい浅倉殿を思い出してしまう(ふふ~
伝通院


清河八郎さんのお墓参りをさせていただいた!
清河さんがいてこその浪士組募集だったんだよなぁ…
伝通院


伝通院の中の咲き誇る桜、また桜
本当に美しかったです

伝通院

伝通院

伝通院

桜越しに見る本堂
伝通院

伝通院の方にうかがったら、山門は来年の3月に完成予定とか…
来年の3月には「山門落慶奉告法要」がとり行われるそうだ。

浪士組募集で200名以上の浪士が集まって編成表が貼り出された場所は、
この伝通院の脇寺の「処静院(しょじょういん)」というお寺なのだ。
組!では、押し合いへしあいしながら編成表を見ている試衛館のみんなの場面があったなぁ…
源さんだけ名前が見つからなくて、別の組に入れられていて
「なんで私だけが…」と呆然としていたり…(笑)

処静院はもう焼失していて今はないのだが、あった場所に立て札が立っていた。
組!友が持っている古地図を見せてもらった!
山門の左隣に所浄院とある!
伝通院
(青いと「傳通院」の文字は、わかりやすように拙者が添えたものです)


組

組
(クリックすると大きい画像なので読めまする)




伝通院を後にして、しばし散策・・・

春日通りを茗荷谷駅方向へ向かって歩き、
途中から右折して播磨坂を下った。

この播磨坂を下ったつきあたりに小石川植物園があるのだが、
その手前に新福寺という小さなお寺があった。
じつはこの新福寺は、局長が隊士募集のために江戸に戻った時(元治元年9月)に借用したのではないかと言われているお寺なのだ。
京都から同行した隊士もいるし、幕府関係者と面会したり入隊希望者を面接したりするには、試衛館では手狭だったのでこのお寺を借りたのだという…
もしそうなら、副長も二度の江戸滞在の時にこのお寺を使ったかも…
あくまでも可能性があるってだけですが(^_^;)
いろいろ想像すると楽しいなぁ…
組
組




伝通院から散策を重ねて、すっかり組の世界に浸ったところで
今度は総裁の眠るお寺を目指して地下鉄に乗った!

目指すは本駒込駅(南北線)にある吉祥寺というお寺!!

この「吉祥寺」というお寺は、榎本総裁が眠っておられるお寺なのだ~

(続く)



スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/766-950ad808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top