FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

久々の試衛館、そして…(追記あり)

今日は娘に頼まれたものを届けに娘のアパートへ行った!

頼まれたもの以外に、
茹でたほうれん草やら、カボチャのそぼろ煮やら、筑前煮やら
プチトマトなんか、すぐ食べられるように洗って
大小のタッパーにおかずをいっぱい詰めいて持っていった

アタシとしたことが、なんつう親バカ(^_^;)

娘のアパートは飯田橋・神楽坂方向にあるのだが…

実は、うちの越後のジジは、物心ついた時から四谷で育ったのだ
かの君の「新宿生まれ新宿育ち」ならぬ(うふふ)
ジジ、つまり父は「越後生まれ四谷育ち」なのだ~
小学校から大学までを四谷で過ごした父。
なおかつ祖母は、神楽坂でお店をやっていたから、神楽坂~四谷界隈は父の育った町なのだった。

なんのご縁か、今度は父にとっては孫であるうちのバカ娘が
その界隈に住んでいる~~~

今日はジジに頼まれて、神楽坂界隈の町の写真を撮ってきた!!
なかなか上京できないので、かわりにせめて写メを見てみたいと・・・


で、

ひととおり神楽坂・飯田橋界隈を散策して写メしたあと
今度は市ヶ谷に向かって歩いてみた!!

どこを目指して歩いたかって~

「どこだかわかるわよね」

「そう、ご想像通りの展開!」

だって、だって、

なんと!うちの娘の住まいから
試衛館跡まで徒歩十数分圏内なのじゃぁぁ~~~

なんて素晴らしい所に住み始めたのだ~~~
・・と、しかし、住んでる本人は全然価値がわかってない(-_-;)



久々の試衛館跡だったあああ~

前に訪ねたのは2006年7月だったから、もう5年近くも前か…
(前のレポ記事は第一章のこちら

組!

以前は隣がコインパーキングだったのに、今はビルを建てている最中で工事をしていて、一面が白い防音壁で覆われていた。
組!

350年も前からあるという奥の稲荷神社も修復中!?
(追記)
コメント欄からmunn殿に教えていただきました!
この稲荷神社の様子は、修復ではなく補強なんだそうです。
所有者の方のご尽力で、前から補強してあったのだとか…
その補強のおかげで、今も無事な姿のままなんですね

組!

ああ、みんなの青春がここになったのだなぁ…(涙)
確かに彼らはここで生きてここで剣を学び、ここで汗を流し…
この稲荷神社にも、誰か手を合わせたに違いない。

感慨深くて胸がいっぱいになった




試衛館を後にし、しばし四谷方向に向かって歩いた
20分近く歩いたかなぁ…

組友に教えてもらったのだが、四谷三丁目にほど近い町で荒木町というのがある!
なんとここは、容保さま誕生の地なのだぁ~

具体的に言うと
この荒木町一帯が美濃高須藩邸の敷地だったのだ!!
そして、容保さまは美濃高須藩主の六男として、ここ高須藩邸にてお生まれになったのだ。

ちょうどこの荒木町19番地あたりがお屋敷だったそうだ。
組!

ああ、容保さま~

このすぐそばの坂は「津の守坂」という名前がつけられているが、
これは高須藩主が摂津の守だったことに由来しているとか。
(友からの受け売りですが(^_^;))

坂の名前一つにも歴史を感じますなぁ…



途中に見かけた市ヶ谷の桜
桜

毎年桜を見ると、その美しさと厳かな雰囲気に感動するのだが、
今年の桜の花を見ると
「今年も咲いてくれて本当に本当にありがとう」
と心の底から思ってしまう。

日本の心を感じてしまう。

今年の桜には特別な思いがある…

その美しさとその強さよ…

桜の中にある「日本人の心」みたいなものを、
今までになく強く感じてしまう…


ありがとう!
咲いてくれて本当にありがとう!!
スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

ごぶさたです

レクさま
楽しい名文をいつも拝見させていただいております。
試衛館跡、行っておけばよかったです。でもこうして見ることができました。ありがとうございます。

江戸ではもう桜が満開とか。蝦夷の桜はまだ一月ぐらい先です。
今年は函館が近くなったこともあり、GWに五稜郭の桜を見に行くことにしました。しばし副長の面影を追いたいと思っています。

(手前勝手なはなしですすみませんが)副長といえば、、4月1日から「土方歳三伝 北海道版」という文化講座を受講しています。(講師:好川之範先生)もうこのタイトルを見た瞬間、「私を喜ばせたい?」と申し込んでしまいましたv-10
あの「加納鷲雄」の話や、副長を狙撃したとされる「米田幸治」家の話など、北海道ならではの内容らしいです。
(レクさまなら米田家の話もご存知かとおもいますが、私は始めて知りました)

これから9月まで、どっぷり副長に浸りたいと思います。
URL | あき #-
2011/04/07 09:39 * 編集 *

江戸は満開です♪

あき殿

桜前線が少しずつ北上していますねv-252
江戸は満開です!
故郷の越後は5月くらいですが蝦夷もそうなんですね~
今年の桜は特別な思いがこみ上げてきます。
日本人の心とか日本人の美意識の高さを感じます…

おお!
素晴らしい文化講座ですなぁ\(^o^)/
ホントにタイトルだけで
「アタシを喜ばせたい!?」
ですね(うふうふ)

米田さんのことは本で以前に読んだことがあります。
(菊池明さんの『土方歳三遺分聞』です)
「羽織の裏に土方と書いてあった」というお話ですよね。
この話は、昭和53年に北海道新聞に載った米田家のご子孫のお話が発端かと…。
米田家に伝承されている話をご子孫が語ったのがきかっけだったと思います。
平成になって、函館で副長のご子孫と米田さんのご子孫が対面されたこともありました。

副長の最期については諸説があり、まだまだわからないことも多いのですが、いろいろなお話を聞くのも勉強になりますよね!
9月までどっぷりと副長に浸ってくださいませ~
URL | レクイエム 0511 #.Lj5XGds
2011/04/10 11:49 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/761-504a6a3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top