FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

JAMによせて

ライブスペシャルは、本当にスペシャルなひとときだった

テレビなのに、コウジライブに来ているような錯覚にとらわれたもんなぁ・・・

始まりの『DIVE』を観て、四谷ライブを思い出した。


二人のライブをえりかちゃんと共に客席でスタッフの方々が観て拍手している様子が映った。
チームJAMが本当にいい雰囲気で番組を作ってきたのがわかって、嬉しかったなぁ(嬉涙)

歌った曲はどれも思い出深い曲で、選曲がヨカッタ。

『月の影』は、私も好きな曲で、ドラマの主題歌に使ってもいような曲だし、
『ヨウスルニ』は、なんせコウジファンになって初めて聴いた彼のオリジナル曲がこれだったのだ。
最初は曲のタイトルが『ありがとう』だったような・・・

『大事なはなし』は、やはりいろいろな場面で聴いてきた曲だし、思い出がいっぱいあって胸が熱くなった。


今はこんな風に考えていますと歌った『太陽の街』

おりしも、今日週刊文春でコウジインタビューを読んだばかり。
この曲の歌詞とインタビューの内容がリンクしてしまい、なんとも言えない気持ちになった。

このインタビューはL5Yについてだったし、組!のことを語ってくれて嬉しかったが、どうしてももう一度演じたかった役、やりたかった作品についてあんなにはっきり語ったのは初めてじゃないだろうか。

「自分がただの役者だと思い知ったこともあります」
「愛すべき作品があるとそれがない人にはわからない苦しみがあるんです」
「ものすごく痛みがある。」

その時の衝撃の大きさが伝わってくる気がして、切なかった。
山本耕史という役者のファンになってからずっと、彼が語り続けていた夢があの作品だったもんなぁ・・・


でも


「この先、自分がすごく心を動かされる作品に出合えると思うことが活動の原動力ですね」

原動力かぁ…

信じるものがあるから、傷ついても前を向いて行けるのだなぁ…

どんなに打ちのめされても、彼は前に進んでいくんだと思う。
そして、実際に、ずっと前に進んできた。
これからも、前に進み続けるんだと思う。
なんだろう、
何かを求めて、何か答えを探して、何かを訴え続けて
前に進んでいくんだと思う。

でも、やりたいこと、めざしていることはシンプルで、
「観に来てくれる観客を喜ばせる」
ってことなんじゃないかな、きっと。


この文春のインタビューを読んだとき、すぐにあの台詞が浮かんだ。

2006年の舞台『tick,tick...BOOM!』でのジョンの台詞。
ジョンが自分の舞台公演の時、客席に向かってあいさつをするシーンの台詞

「えっと、実は、
観に来てくれてありがとうっていうこと以外に
特に言うことはないんです。

あ、それはさっきもう言いましたよね」

この台詞を聞くと、毎回、なぜか泣けたんだよなぁ…
この台詞で、毎回、なんだか切ない気持になった。

どうってことない台詞なのかもしれないが…
この台詞を言う時のジョンが、切ないほど一筋でまっすぐで一生懸命に思えて、けなげで…
泣けた…

ま、アタシの勝手な思い込みですが(^_^;)


JAMのことながら、いろんな思いが巡ってしまった…

いい役者ってのは、時に強く、時に激しく、時に熱く、そして時には悲しいもんなのだ…




スポンサーサイト



カテゴリ: ・スウィートJAM

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

JAM大好き

最終回のオンエアを見て感動し、いつもよりさらに高画質で録画した映像を見て感涙し、
レクさまの感想を読んで感慨にふけり、番組をつくってくださった方たちに感謝し。
感きわまる とはこのことかと。
とってもとっても大好きな番組でした。あらゆる面でツボにはまっていました。 番組をつらぬく暖かなホスピタリティのような空気をつくっている出演者とスタッフのみなさんを、かっこいいとかおもしろいとかでなく、尊敬さえしていました。
かかわった方たちみんな、プライドを持って「次に進んで」いかれることでしょう。
URL | タイム #-
2010/03/26 13:22 * 編集 *

タイム殿

おっしゃるとおりですね…
最終回って、普通は
今までを振り返っての名場面集とか、
こんなスゴイ方も登場した集とか、
ってのが定番ですが・・・。
あんな風にコウジ&DAIライブをめいっぱいやってくれて、
それをスタッフの皆さんが観客として観ている
って、みなさんがこの番組を愛していたのが伝わってきました。
MCコウジがインタビュー記事で言っていたように
競争じゃない音楽の楽しみ方が十分に伝わる番組でした。
振り返ってみれば、
普段はあまりトークに出ないようなスゴイ方々、
いろいろな分野のプロの方々、
実に中身の濃い貴重なトークが多かったですよね。
素敵な思い出をありがとうございました!
と心から言いたいです。
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2010/03/27 20:54 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/75-5cb2f14e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top