FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

浅倉きゅん絶好調!!

またまたまたまた(笑)、浅倉殿に会いにいってきやした!

今日(ってか正確には昨日)は休演日あけ
ものすごくみなさんのボルテージが上がっていて、白熱した演技合戦だった

みなさん素晴らしかったあああ\(^o^)/



そんな中での浅倉殿

真水の場面では、やたらと左右に振っていた(笑)

右だ、おりゃ~!左だ、おりゃ~~!と大ぶりに振っていたことは前にもあったが
今回は、左右に小ぶりに振っていたんで、振る回数が倍くらいあった(あはは~)

そしてフィニッシュでは、よろっと後ろに下がりつつ

「うおっ!このままじゃ後ろにいっちゃう、後ろに」

と叫んでいた

後ろにつんのめるほどの勢いで出る真水って(笑)
自分の身体が支えきれないほどの水量って、もう人間じゃねぇし(爆笑)

で、「後ろにいっちゃう」って、なんだぁ~(あははは~)
薩摩隼人とは思えん可愛さじゃないか~




浅倉殿は、夜更けに寧温が相談に来るシーンで
いつもは、
「おう!なんだぁ!?こんな夜更けに」
みたいな台詞なのに、
今回は、いきなり大きく手を上げて大声で
「こんばんわ~~」
と言った。
あまりに唐突なアドリブでちょっと寧温が動揺したのか
「俺はこれから素振りを千回、それからふんどしを洗って」
という浅倉台詞を最後まで言う前に寧温の台詞がかぶってしまった。
その後
「なぬ~~陰謀!?なぜそんな大事なことを先に言わん」
「まだ何も言っていないが」

変な間が空き

「なぬ~なぜそんな大事なことを先に言わん」
「まだ何も言っていない」

と続いてしまった(笑)
同じ台詞の堂々巡りで、微妙な空気が流れ(だははは~)
そして
「もう何がなんだがわからなくなった・・・」
と浅倉殿・・・。

あさくら~~~~~!
と心の中で突っ込んだ(またか~笑)

なんか、浅倉殿は、余分なアドリブをかましたせいで自滅したような気がした
(あっははは~)


そんな可愛くて愉快な浅倉ワールドを展開しつつも
今日の殺陣は最高だったあああ\(^o^)/


徐軍団との対決の殺陣シーンでは…

“後ろに引きつつ飛び上がっての面うち”
がいつもより高く飛んでいたから、カッコ良さ倍増

そしてその直後にあるカンフーとの対決の殺陣のスピード感といったら
もう
もう、もう
もう、もう、もう
あまりにスピード感があって、そしてかっこよくて
悶え死に一歩手前だった(^_^;)

いやはや、凄かったなぁ…



そして、ラストの洋装副長(違)場面…

何度見ても感動するのだ~
何度見ても登場すると息を飲むのだ~
あまりの素晴らしさに

カテコでいったん袖に引っ込む時の後ろ姿も最強だった
カテコでは役を離れつつあるから、歩き方が素に戻っているんで、
ますます、限りなく、ほぼ箱館…(涙)

あまりに感激したんで、涙がボロボロっ出てしまった…

人は、あまりにも素晴らしいものを見ると、心がうねって、
涙が出るものなのだなぁ…
スポンサーサイト



カテゴリ: ・テンペスト

tb: 0 |  cm: 6
go page top

この記事に対するコメント

妄想いろいろ

またまた行かれたのですね~、うらやましい。
浅倉殿、ますます絶好調のようですね。わたしも見たか~。殺陣と洋装だけのDVD欲しい。
行けない分いろいろ妄想しているうちに、耕史クン(磐音のようなかんじのカッコで)が道場を開いて、自分がそこに通っている夢まで見る始末。しかも流派ごちゃまぜ道場。天然理心流、示現流、直心影流などなど(用するにいままで経験したヤツ)で、道場主じきじきに全部教えてくださるv-10
ほんとにワープかどっかで武士の姿のまま生活してくれ~ってかんじです。刀を握ったときのあの腕の筋肉、身のこなしがたまらんです。



URL | あき #-
2011/02/23 13:30 * 編集 *

朝倉殿ネタに反応してしまいました

レクイエム様

はじめまして。いつもは読み専門で、楽しい恩恵を受けており、有難うございます。
このところの浅倉殿の爆笑ネタラッシュで、居てもたってもいられず・・・。
本当は、娘さんの大学合格(相当昔)や、ブログ開始○周年、などに
「お祝い」と「日頃の感謝」の挨拶とでお目見えすべきなのに、変な反応の仕方ですみません。

22日の浅倉殿は、「こんばんわー!」で自滅したと、私も感じました(笑)。
でも、「何がなんだがわからなくなった・・・が、よーしわかった!おれも話がある・・・」と
強引に自分で収拾をつけ、その後の寧温を引っ張っていくところにうまくつなげていて、
動揺させた仲間さんに対する、舞台人らしい責任感の一端をみたようで、面白かったです。

また、徐軍団のお姉さんに足げにされて、うつぶせになる時、
手から離れた剣がコロコロ転がって、「あー届かないところに行っちゃう」と息をのんだ瞬間、
すっと伸びた浅倉殿の腕が、俊敏な動きで剣を捉えた場面は、個人的に見ドコロでした。

ところで、話題になっている花形満系ですが、
鬘は日々ボリュームが変わっていたのですね。
てっきり、大舞台すぎて、座席によって見え方が違うだけなのかと思っていました。

と言うのも、レクイエム様は副長系だと感じられた初日、
私の走り書きメモには、「何故、コントのような鬘(←私には花形系に見えた)!?
今回はカッコイイ担当のはずなのに、かわいそう。」と書いてあるのです。
席は、前方上手端の、真水の放水口が見えるくらいの位置でした。
ボリュームが多いと、劇中・カテコ問わず、角度によっては顔が全く見えないんですよね。
もちろん、顔が見える時は抜群ですし(実際、正面から見た回はよかった)、
首から下は眼福なので、顔が見えない時だけ、首から上を空想で補完しています。

それでは、今後も会場に行く際には、微力ながら「なぜベス」を唱えます。
東京楽、は無理でも、大阪のオーラスまでには、何とか望みを叶えたいですね。
長文失礼致しました。これからも楽しみに読ませて頂きます。有難うございました。
URL | プクポン #-
2011/02/23 23:52 * 編集 *

うおお~

あき殿

サムライコウジの夢v-10
すごい夢ですね~
ワタシもそんな見てみたいぃぃぃv-42
いいないいなぁ~

>武士の姿のまま生活してくれ~っ
激しく同意!!!!!
>刀を握ったときのあの腕の筋肉、身のこなしがたまらんです。
これも激しく同意!!!!!
足の裏にも萌え
後ろ頭にも萌え
後ろ姿最強で
もう萌えっぱなし、頭沸騰しっぱなし
でとどめの洋装~~~

こうして書いているだけでもドキドキしてきまするv-10
URL | レクイエム 0511 #.Lj5XGds
2011/02/24 00:15 * 編集 *

コメントありがとうございます!

プクポン殿

いつもこんなアホブログをよんでくださって、
本当にありがとうぎざいます!
嬉しいです\(^o^)/
そして、コメント!素晴らしいですなぁ~
その鋭い観察眼と感性、すごいです。

実際にヅラは変わってないので
実際のボリュームが減ったり増えたりはしていないと思いますが、
なんつうか、その日のセット具合というか撫でつけ具合によって
微妙に違う風に感じるのかと…
それに、あくまでも拙者の主観ですから、
同じものでもこちら側の気持ちで違って見えているかもしれません(^_^;)
モチロン、おっっしゃるとおり、観る側の席の角度でも違いますな!
そして、同じ席にいても、最初の登場の見え方(左顔)と
むき直して真鶴さんを抱きしめる時の角度(右顔)では全然違いますな~

あははは~
プクポン殿のメモ、そして詳しい分析、ホントに面白いです!!
素晴らしいなぁ~~~
拙者は、初日から洋装で出てきたってだけで狂喜乱舞していたので
ワタシの目は、かなりフィルターがかかっていますから、
見えないものをみてしまっているかもしれませぬ(あはは)
妄想癖もひどいし(うふうふ)

「なぜベス」
あははは~
唱えてくださって、ありがと~ございまする\(^o^)/
もう、こうなったら念じるだけではなく、
アンケートにでも書いてみよかと思ってます。
無理だろうけどダメもとで(笑)
URL | レクイエム 0511 #.Lj5XGds
2011/02/24 00:40 * 編集 *

こちらこそ有難うございます

そうですよね、なでつけ具合で大分変わりますもんね。
でも、副長系であれ、花形系であれ、さらに今後どうなっていこうとも、
受入れる姿勢でおられる、レクイエム様が素敵過ぎです。
かくいう私も、原作と違うーとか、花形系鬘に文句を付けつつも、
浅倉殿変化見たさに2階席まで進出し、
いろんな席から眺めては、ここからのコレが良かった、などと機嫌を良くしております。

とはいえ、下手端の席はとれなかったので、
レクイエム様の言われる、和装最後の場面、
浅倉殿の表情は、やはり見られず仕舞いになります。
落涙をご覧になったとのこと、羨ましいです。
あともう少し正面側を向いてくれれば、と考えつつ、
敢えてあの角度で、背中で演じたいんだろうなとも思い・・・。
ただ、主演だと涙を流す表情が見られない、なんてことはほぼないので、
その意味でも今回の演目は、最近では貴重な舞台なんだなあと改めて感じています。

URL | プクポン #-
2011/02/25 00:57 * 編集 *

おっしゃる通り!

プクポン殿

席によって、この場面は下手がい、この顔は上手がいい
いやセンターがいい、後ろがいい、2階で見た方がいい
・・・と、いろいろ見たくなってしまいますな!

>主演だと涙を流す表情が見られない、なんてことはほぼないので

ホントですよね
今ままでの舞台では、
“泣き顔がまったくみられないまま終わる”
ってシーンはなかったですから、
今回は、見たいけど見れないジレンマに悶々となる…
というのがまた快感かと(え)

舞台というのは、ホントにいろんな楽しみ方があるますな~
生の舞台は日々変わるしアクシデントもあるし…
なかなか貴重な舞台ですね。
ま、結局のところ、浅倉殿が好きなんですが(あはは)
URL | レクイエム 0511 #.Lj5XGds
2011/02/27 13:01 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/708-21dfb800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top