FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

浅倉殿の涙

昨日も浅倉殿に会いに、赤坂へ行

・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・・


・・・・・・


・・・・・


・・・


・・

ってきた!!!

あははは~
タメ過ぎなんだよ(笑)
始めから普通に言えよ(笑)

んもう、すごいことになってきてますぜ!!

浅倉雅博殿!!!!!


※ここからネタばればれっす

  

いやぁ~

マジで射抜かれ過ぎてつらいわぁ~(何)
初日とは比べもんにならんほど浅倉殿がかっこよくなっている!!

初日あたりも十分かっこよかったのだが、
薩摩隼人の荒っぽさとか男らしさをかなり強調していた気がする。
なんつうか、ちょっと劇画タッチな感じで・・・
野性的でワイルドな男!!ここにあり~みたいな。

でも、昨日観たら、全然違ってきていた。
なんつうか、力みがなくなって、あえて荒っぽさを強調せず、
自然になってきていた。

役がどんどん“山本耕史”に引きこまれていっているような…

山本耕史オリジナルな浅倉雅博になりつつある!!と感じたのだ。

やっぱ、このお方は、こういうジャンルの作品でも、「上手く演じる」ということからさらに一歩先へ進んで、役を自分のものにして、役を息づかせることができるんだなぁ・・・と。

自分の立ち位置を決してはみ出さない。
要求された以上のものを作り上げる。

この一見相反する二つのことを両立させることができるのだ。
優れたバランス感覚と演技力と技。

ああ、いい役者だ、ホントに(今さらですが…)

だから、ますますかっこよくなっているし、
ますますワタシの琴線に触れるのだ


って、んなこたぁどうでもいいんだよ、理屈はいらねえのさ

とにかくカッコイイんだから\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
とにかくシビレルんだから\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/


で、昨日は下手寄りの席で初めて見たので、ラストシーンの浅倉殿の表情を初めて見ることができた!

ラストの洋装シーンでは、浅倉殿は、しばらくは真鶴さんをじっと見つめて微動だにしない。
だから、今までは斜め後ろ姿しか観ることが出来なかった。
いや、この斜め後ろ姿もチョーカッコエエのだが、表情までは見えなかったのだ。

それが昨日は下手寄りだったので、真鶴さんを見つめている顔がハッキリ見えた。

泣きながら話す真鶴さんを見つめる浅倉殿、
純粋で真っ直ぐななまなざしと切なそうな顔

と、じわじわと目に涙がたまってきて、
特に左目は、今にも溢れそうな涙が、綺麗な丸い粒になってきて
キラッと光っったのだ・・・
でも溢れない、目に涙をためたままだから、何度もキラッキラッと光るのが見えた。

ああ、なんつう素晴らしさ~~~

寸止めで、しかも涙が丸くなったままキラキラさせておけるなんて
どうしてこんなことができるんじゃろうか~~~

いつも思うのだが、これは人間業とは思えん!
やはり神技ジーザス技だ~~

あああああ
これを見たら、もう感激して泣けたぜよ~~~

今まで以上に感激しましたぁぁぁ(感涙)

だってだってだってぇ~~~

こういうのって、いわばコウジくんの得意分野で、今までも何度も観てきたが
今回は特別じゃあああ~
なんせ、あのお姿でっせ~~~
あのヘアーあのジャケットあの白いスカーフ姿でのあの寸止め涙…

あまりにも感激して、涙が出た・・・



まさに宝石のような涙でござった。







スポンサーサイト



カテゴリ: ・テンペスト

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

レクイエムさん、こんばんは!

山本君の浅倉さん、初日とは全然違ってきていたんですね。
私は3日目に観たんですが、その時も劇画タッチの演技だったので、
面白いのだけれど、少し戸惑ったんですが(^^;)、
昨日レクイエムさんが観た浅倉さんの演技は、自然になってきていたとのことで、
舞台って、やはり変化したり進化していくものなんだなぁ~と思いました。
だから、時間とお金が許すならば、何度も観に行きたくなってしまいます(^^;)。
もちろん、また山本君を観たい!という気持ちも大きいんですが(^^;)。
来週また観に行くので、山本君の演技の変化に、注目してみてみたいと思います(^-^)。

ラストシーン、私が観た時も、山本君、目が潤んでました。
山本君、ほんとに涙の演技が上手いですね!

URL | まいこ #yQ4GoFDI
2011/02/11 20:50 * 編集 *

生の舞台!

まいこ殿

感じ方は人それぞれなんで、あくまでもワタシが感じたことですが、
初日に見た時の感じとは違ってきているようでした。
もちろん、今まで見てきたコウジ舞台の演技を思えば、劇画タッチだし大芝居的なのは変わりませんが・・・
今回のような箱でああいうジャンルの作品ですから。
観る側も慣れてきたせいも多少あるかとは思います。
でも、とにかく、かっこよさがどんどん増していっているのは確かです!!
いやあ~ホントに侍が似合いますよね~
刀を持っていても様になり過ぎて、マジで普段も侍かと思う。
侍を演じさせたら、史上最強ですな!
URL | レクイエム 0511 #.Lj5XGds
2011/02/12 14:14 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/689-dcf057af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top