FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

またドリアンに会えた

ドリアンに会いに鎌倉へ行って来た!!

拙宅のこちらで書いたように、今、十文字さんの劇願を鎌倉のギャラリーで見ることができるのだ!!

GALLERY B

そのギャラリーは、鎌倉駅から鶴岡八幡宮へ向かうメインストリートから一本左の小さい通り(小町通り)を歩き、細い脇道に入ったところにあった。
ギャラリーには隣接する喫茶店もあり、ドリアン鑑賞後に入ってみた。
ジャズが流れる、コーヒーの美味しいお店だった

ドリアン


ドリアン


ああ、また、あのドリアンに会えた~~~(嬉涙)

多摩センターで見た時は、広い展示スペースで、
たくさんの俳優さんの劇顔に囲まれた壁の中
奥のひな壇に、豪華な額に入ったドリアンがいたのだが…

このギャラリーは、本当に小じんまりした空間で、
額入りではなく、パネルのままの劇顔が数十枚飾ってあった。

ドリアンは入ってすぐの壁にあった
パネルのまま、数枚の劇願の中の1枚という感じで、さらりと展示してあった。

でも、やはり、異彩を放つ迫力の1枚

まるで、写真に魂が存在しているよう

写真の中に閉じ込められて何百年も封印され
写真の中で今も生き続けているドリアン…

そして誰かがその封印を解いたら、パネルから出てきそうだ。

封印が解かれ、目の前に現れる白い美貌の貴族
壁を見ると、数枚の写真パネルの中に1枚だけ白紙のパネルが…

なんてことを妄想してしまった。

妄想は広がるばかり…


いつまでも眺めていたかったなぁ…
スポンサーサイト



カテゴリ: ・ドリアングレイ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/649-51007a2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top