09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

朝から拓ちゃん

これから出勤というくそ忙しい朝なのに
無理やりにでも観てしまうのだ、拓ちゃん

(音だけ聞くと“タクちゃん”みたいですが(^_^;))

あああああの、王子、というより殿下と呼びたくなるようなお姫様抱っこシーン
何十回観ても、萌えるのう~

頭の中では、
“『うたかたの恋』のマリーを抱くルドルフ殿下”
に変換妄想(え)

あの浴衣も、何度も見ているうちに慣れた(あはは)


モチロン、崖のシーンも鬼リピっすよ!!


このドラマ、ワタシ的には『目線』というより『視線』

いつもあかりちゃんを見つめている拓ちゃんの視線
これがワタシ的なテーマなのだ~


崖の上での「俺はあかりちゃんのことを」発言を聞いて
「そう思ってんなら、はよ言えよおお~」
などと思っていたが、いやいや、これでいいのだ。

じっと思いを胸に秘めて、ひたすら視線を送り続けている拓ちゃんなんだから…
その視線に、観ているこっちは釘付けなんだから~(ふふふ)

涙が乾くように目を開いていたというあかりちゃん
そのあかりちゃんを抱きしめている時の拓ちゃんの顔・・・
もうたまりませぬなぁ~
あの顔にやられるんですわ~

愛しいような、悲しいような、あのなんとも言えない表情…
あんな顔、どうしてできるんだろう~

ああ、美しくも切ない崖の上の拓ちゃん


仲間さん、ホントに可愛かったなぁ~
絵になる二人だった・・・


しかし、最後まで加納拓真っていう人物が謎のままだったっす。
ドラマはサスペンスというよりメロドラマだったし、ミステリーじゃなかったけど、拓ちゃんの生い立ちがミステリーだった(あはは)

科学捜査班とかDNA鑑定とかがまだない、昭和時代のドラマっぽかったし…


でも、どの場面の拓ちゃんも萌え顔ばかりで、毎日見ても萌えるのだ!
ワタシにとっては大ヒット!!
いいドラマだ~、拓ちゃん三昧だもの・・・

拓ちゃんを観て、今日もがんばろうっと(^O^)/
スポンサーサイト

カテゴリ: ・目線

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

レクイエムさん、こんにちは!

「うたかたの恋」に反応して出てきました~。
宝塚好きなんです(^-^)。なので、「うたかたの恋」観たことあります!
ちなみに私が観たのは、星組の紫苑ゆうさん、白城あやかさん(中山秀征さんの奥さん)と、
月組の真琴つばささん、檀れいさんのコンビでした。
どちらも美男・美女のコンビで、とても綺麗でした(^-^)。

あの浴衣には、あまりのインパクト強さにびっくり!しました(^^;)。
すごい色でしたね~。

お姫様抱っこシーン、二人から色気を感じてドキドキしました~。
拓真さん、誠実で真面目な人なので、何も起こらなかったですが(^^;)、
布団を並べて寝ながら、あかりちゃんと幼い頃を思い出している拓真さんの穏やかな表情が、
とても素敵で、印象に残りました(^-^)。

山本君、こういうヒロインを優しく見守る、王子様的な役どころがとても似合いますね~。
「テンペスト」もそんな感じの役なので、仲間さんとのコンビぶりがとても楽しみです(^-^)。
URL | まいこ #yQ4GoFDI
2010/12/21 10:33 * 編集 *

おでこつながりで

あいかわらずレクイエム様のセンスには笑ってしまいます、
拓ちゃん(笑)って。ドラマ的にはイマイチでしたが、おんぶとお姫様だっこと、浴衣でご馳走様です。これを見た後、なぜか『眉山』が観たくなって、土曜日は一人でDVD 見ながら号泣してました。そして、日曜はジーザスを立ち見してきました。レクイエム様もいらしてたんですね。
URL | かなかな #-
2010/12/21 12:56 * 編集 *

うお!

まいこ殿

『うたかたの恋』を語らせたら熱くなりますぜ!(笑)
原作も読んだし映画も好きですし・・・
今でこそ、けっこう宝塚の定番演目みたいになっているようですが、
ワタシにとってこの作品は初演がすべてでして・・・
あの伝説のゴールデンコンビのために描かれた作品で、
その初演のルドルフが、ワタシにとって永遠のルドルフ殿下でございます。
・・・っと、延々と演説してしまいそうなんで、ここで止めておきまする(あはは)
でも、ああいう、ウィンナーワルツの調べにのせて、美しくも悲劇的な物語が展開するのは、いいですよね~

今回はショパン
美男美女の二人で、絵になりますなぁ~
黙って見つめ合っているだけでも、ウルウルしました。
なのにあの浴衣(あはは)

テンペストが楽しみですね(^O^)/
URL | レクイエム 0511 #.Lj5XGds
2010/12/22 09:56 * 編集 *

同じだ~~~

かなかな殿

うお~
実はワタシも拓ちゃんを見ていたら無性に孝ちゃんが見たくなって、眉山の最後のお祭りのシーンだけ見てしまいました。
あの、幻の中に出てくる孝次郎さん。
悲しそうな切なそうな、思いの深さを感じる微妙な顔・・・
あの顔を見ると、泣けます、萌えながらも(あはは)

拓ちゃん、予想を超えた大ヒットキャラでしたな~
\(^o^)/
URL | レクイエム 0511 #.Lj5XGds
2010/12/22 10:02 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/583-d0811d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top