FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ジーザスのOh my God!

昨日は、昼に渋谷で半兵衛さまに心乱され
夜にはジーザスに心震わされ
深夜に帰宅したのにもかかわらず、友からの目線メールで我慢しきれず
夜中に目線を観て加納くんに射抜かれ

なにがなんだかわけわからず・・・
頭の中が沸騰したままです。

ああ、書きたいことがいっぱいありすぎて~
時間がない~~~
これからバイトですねん(^_^;)
明け方まで加納くんを見過ぎて、寝てねぇ~し(^_^;)



でも、まずこれだこれ!!

ジーザスも人の子だった(うふふ)


ここからネタばれ、マジックの仕掛けばれです!(ははは)





昨日のジーザス、

例の“口から卵を出すマジック”のシーンで
ウソのような失敗しはったんどす~

口から卵を出している間に、ポケットからもう1個を密かに出そうとした瞬間に
卵を落としたあああ~

ああ、卵は2個あったのね~とマジックの種が客にバレバレ(爆)

慌てて拾って続けようにも、どうにもこうにもならず
口から何も出ないし、拾った1個ともう1個を両手で持ってて、なんともしがたく(笑)

ジーザスの顔がマジで動揺していた!

そして深々と客席に頭を下げたジーザス

客席からはヤンヤの拍手!!


もう一度という仕草と共に帽子を回すところから始めたジーザス

今度は卵が上手く次から次へと出たのだが、
見てしまったのだ…
いつもはポケットからもう1個を出すときは、絶対に卵が手にあるとわからないように隠しながらポケットからだすのに、その時はもろに卵が手からはみ出ていた!

卵、見えとるで(あはは)

隠しきれない卵
隠しきれない動揺

平静を装っても手に動揺が表れていたようで、けなげやらカワエエやら

困ったように笑いながら、しかも顔には隠しきれない「動揺」の文字が浮かび上がって見えて・・・
そんなジーザスがカワエエ~~~~~~~

ホントに可愛いやらやらおかしいやらで・・・

無事にリベンジを果たしたジーザスに客席も大拍手!
笑いと拍手とヒューヒューで盛り上がった\(^o^)/

その後のジーザスのダンスが、いつもより大ぶりだったように見えたのは、気のせいか(あはは)


たまには手も滑るじゃろう~
ジーザスも人の子じゃったのう(笑)

ホントにラブリージーザスだったなぁ
愛しいなぁ…

で、そんなハプニングの間中、なんの支障もなくジーザスの動きに合わせられる“ほぼアングリーインチ”はさすがだった!!
阿吽の呼吸というか、なんというか・・・

さすがはチームヤマモトだなぁ…と感心したのだった。
スポンサーサイト



カテゴリ: ・GODSPELL

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

こんばんは

レクイエムさま

つたない私のコメントへのお返事ありがとうございました。
お返事をいただいて、初めて耕史友が出来たようでとてもうれしいです。(^-^)
勝手に耕史友と呼ばせていただいて、ごめんなさい。

1日に何度もおじゃまさせていただいて、レクイエムさまのアップの早さに驚いております。

耕史くんのジーザス、本当に素敵ですよね。
お芝居はもちろんですが、今回はジーザスの響く歌声とやさしい笑顔にメロメロです。
他のカンパニーの方も皆さん歌のじょうずな方たちばかりですが、耕史ジーザスの声は特別なんです。
なんていえばいいのか、心に沁み込んでくるんですよね。
今回の「ゴッド」を初めて観た時、ジーザスの声を聞いて身体が震えて涙がこぼれそうでした。

あ~~~~~ジーザスに逢いたい。

昨日マグさんからの追加予約のお知らせに、次回(25日)まで待てないという誘惑に負けて、立見で22日ソワレを予約してしまいました。
旦那さまにナイショで、電車で往復5時間の遠征はとても大変ですが、ジーザスに逢いたいという思いで頑張れそうです。

私もジーザスがマジックに失敗して、マジで動揺していた顔を見たかったですね。  
URL | 上州むすめ #-
2010/12/18 21:48 * 編集 *

上州むすめ殿

耕史くんの声自体の魅力もさることながら
その表現力の素晴らしさは他の追随をゆるさないと思います。
彼の舞台を初めて観た時、台詞と歌の境がないことに驚嘆し、惹かれました。
感情の揺れ動くさまが、ここまで台詞でも歌でも同じような空気感で表現することができる役者さんはあまり観たことがなかったです。

ハプニングもまた楽し~ですね!
URL | レクイエム 0511 #.Lj5XGds
2010/12/22 09:19 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/576-e36e3f34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top