FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

フリーエリア

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

大江戸グレートジャーニー最終話(3)

そして、辰ちゃんから百両をもぎ取るアニキ

ここは、なんだか泣けました

名誉の負傷の六ちゃん
前とは全然違う、確固たるアニキの相棒感があっていいね~

幼いころの辰ちゃんとアニキの回想はぐっとくる。

「借りは返した」
とアニキ。
ほんと義理堅い
人の道を外れた生き様だけど、一本筋が通っている男なんだなぁ


「お前の欲しかったもの」

この言葉の重み

そして

「アニキも家族が欲しかったんですか」

という六ちゃんの言葉に

「血まみれだ、俺の道は」

と返すアニキ。

なんだが、アニキが切なくて涙が出た。

アニキの孤独な人生
あんなに幼い時に血に手を染めてしまったアニキ
生きるためとはいえ、苛酷過ぎる・・・

アニキ~~~~~(涙)


・江戸にもどったアニキと六ちゃん

「日の本一の渡世人に」

なんか、ここのシーンは組!第48話の釣りしてる副長と局長のこのやりとりを思い出してしまった。

「まだやるか」

「当たり前だ
これからだ」

(なんでも組!組!!に結びつく組!脳なんすよ
スンマセン(^-^;))



で、菊佐さまが行くのは

「西へ」

とな!!

京都へ行くらしい辰ちゃん一家と同じじゃんか~
西でまた遭遇するぞ、きっと(笑)

六ちゃんとアニキ
旅立つ後姿がほんとにいいね!
いいコンビだよなぁ

まさかのアニキからの肩の抱き寄せ!!
ひゃあああ~

よかったね、六ちゃん

抱き寄せ方がけっこう強いじゃん

このシーンも、なんだかぐっときました。

孤独な一匹狼だったアニキに初めて相棒ができたのかも…

そんな気がして、ちょっと嬉しくなったのだ。

ううううう(T_T)

スポンサーサイト



カテゴリ: 大江戸グレートジャーニー

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/5724-cc95ad80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top