FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

めっちゃ面白そう

昨夜からオンエアが始まった『大江戸グレートジャーニー徹底ガイド』

観ました!!

めっちゃ面白そう\(^o^)/

このミニ番組の映像だけでも期待以上じゃ~~

菊佐さまの幼少期も出てくるのね♪

大がかりなセットやロケも多くて映画なみじゃん、これは!


代参犬の翁丸たんが素晴らしい名優犬なのよん
半年前から役名で呼んで撮影に備えていたそうじゃ



ドラマの舞台は11代将軍家斉公の時だから文化文政時代
まさに江戸中心の文化真っ盛りじゃ~

黄表紙や滑稽本、浮世絵、歌舞伎、俳諧、川柳、漢詩、国学などなど・・・
この時代に生まれた名作は多い。
元禄文化がどちらかというと上方中心だったのに対して、江戸後半のこの化成文化は江戸中心!!

だから、江戸庶民の楽しみがいっぱい出てくるし、旅先のご当地グルメも堪能できるドラマになってるのだ。
映像を観ると、どれもこれもうまそうだった

丸山くんが役にぴったり過ぎて、ホントはまってるし、出てくる方々が曲者ぞろいでワクワクじゃ


我らの菊佐さま、とにかく色気があって、殺陣もかっこいい
あの髪型は、また新しい時代劇コウジの魅力を堪能できそう

加藤涼さん演じる六助との絡みも最高
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

あにき~ってしがみつく六助とウザそうな菊佐

“べた惚れな六助とツンデレなアニキ”
っていう感じがお約束でもたまらん

あの二人が演じると、とにかくインパクトあって楽しそう

ああ、楽しみがこの先にあってウレシイ~~
スポンサーサイト



カテゴリ: 大江戸グレートジャーニー

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/5644-5af5816c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top