FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

東京ラストグレブ(1)

東京のコウジグレブのラストを観てきた。

今日はやはりあちこちで空席もあったが、拍手も大きく、カテコ4回でスタオベも2回あり、最後の最後まで舞台と観客が一体になった熱い空間だった。

いろいろ書きたいことがあるが・・・

とにもかくにもグレブううううう
グレブさまが最高過ぎて、死んだ(何度目だ(笑))

軍服死ぬほど似合う
ブーツ、アタシを殺す気か
スーツ、ヤバすぎて狂う
どこまで脚なんだ、キミは
眉間のシワ深すぎて堕ちる
絶唱が圧倒され過ぎて魂抜かれた
低音のかすれた「だが」がサリエリ過ぎて溶けた

部下を追い払う手が好き~~

アーニャにだけクニャ顔すんなよ、可愛過ぎるだろ
つまづき方、わざとらしくてアホの子過ぎてキュンキュンしちゃう

・・・

・・・・

・・・

つまりはグレブ様は最高だったってことじゃ!!

1幕の終わり近くのグレブのソロ曲Still

いつもこの曲が終わると、あまりにも魂持っていかれて、一瞬廃人になってしまうんだが・・・
今日のStillはすごかった
始めのささやき声から、じわじわと上げてきて
最後に鬼のような形相になって歌いあげるのだが・・・
この時の顔が顔が顔が
今日の顔があああああ

あまりにも鬼過ぎて、喰われそうだった。

うつむき加減で歌いながら顔を上げた時の鬼の顔
今日は鬼を越えてて、その形相は修羅のごとくすさまじかった。

あんなに恐ろしい顔は初めて見た~

これから独りで大軍へ斬りこみにいくような気迫というか
すさまじいまでの覚悟と執念でメラメラと燃えていた。

ああ、恐ろしい顔だった~~
魂を持っていかれたというよりは、魂をえぐり取られた感じだった。

素晴らしいぃぃぃぃぃ~~~

スポンサーサイト



カテゴリ: アナスタシア

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/5616-3eebf1c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top