FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

アナスタシアを観て

昨日のアナスタシアを観てきました。

1度目の中止でのショック、
そして舞台再開で喜んだのもつかの間
2度目の中止が来た時の衝撃・・・

1度喜びを味わった後なので、2度目のお知らせは心が折れすぎて・・・
怒りやら哀しみやら絶望やら、でも一筋の希望もあって、本当につら過ぎた。
こんな私でもここまでの痛みを受けているのだから、スタッフやキャストのみなさんの苦しみたるや・・・
それを思うとまた泣けて、行き場のない怒りや不条理で押しつぶされそうになった。

そんな中、迎えたコウジグレブの初日。

この日のチケットは、アナスタシアではいちばん最初に手にしたチケット。
最速先行で取ったもの・・・

3月11日は麻実さまのお誕生日だから
この日を劇場でターコさんと共に迎えたい・・・

そんな思いで取ったチケット
まさかこんな奇跡のような1枚になるなんて・・・

心がひりひりしたまま劇場に向かったが、いざ劇場に入ってみるとそんな苦しみから解放された自分がいた。
客席の中に漂う独特の高揚感と緊張感
久しぶりに会った仲間同士の挨拶

ワクワクしながら開演を待つ、あの感じ。あの空気。

体温チェックとアルコールの手消毒をすませての入場
久々の再会でも握手をせずにちょっと距離をとって手を振るという挨拶
観客ほぼ全員がマスク着用
トイレではみんなが時間をかけて手洗いをしている
・・・などなど普段とは違う異様な緊張もあったが・・・

いざ開演が迫ってくると、いつもの舞台の空気感が会場全体を覆っていて、ただただ舞台を楽しみたくて、ワクワクドキドキする、あのいつもの自分が帰ってきていた。


アナスタシアは素晴らしかった。

みなさん本当に素晴らしかった。

主役のお二人もメインの方々も
アンサンブルもダンスもバレエも
照明も舞台構成も映像も衣装も~~~

みんなみんな素晴らしかったです。


皇太后さまの圧倒的皇太后オーラと存在感

そして

そして

グレブのコウジヤマモト

やはりこのお方の魅力は舞台に立ってこそなのだとあらためて実感。

「舞台の山本耕史」のあのオーラと圧倒的な芝居のうまさ
人物の作りこみの深さと、それを表現できるスキルの高さ。

その役として生きる
「演じる」ではなく「生きる」

これが彼の真骨頂

そこにグレブが生きていた。
グレブの過去を背負ったグレブがそこにいた。

舞台上では描かれてはいないけれど、グレブの背負う過去が透けて見えてくる。

グランドミュージカルならではのスケールアップした身振り手振り
顔の表情の鮮明さ、音の使い方、立っている角度、顔の向き

これで初日なんだから回を重ねていけばどれだけ進化していくんだろう
もちろん、初日での完成度は高いが、板にのってからの進化がすさまじいのだ、彼は。

うううううう・・・(涙)

(そんなグレブさまについてのいつものような熱く叫ぶ記事や舞台の感想はあとで書きまする)



まずは昨日のカテコについて書きたい。

昨日は海宝くんの挨拶があった。
ぐっと思いをこらえつつ、さわやかな微笑みで挨拶をする海宝くん。

その挨拶を隣で聞いていた耕史くんは涙ぐんでいた。
カテコでは素のコウジヤマモトに戻るから、いつもクールに淡々としているのに・・・
自分の感情を顔に出さないのに・・・

昨夜のカテコは、違ったのだ。

涙ぐんでいて、その涙をこらえるように、顔を上向きにしていたり
悲痛な顔をして、何度も泣きそうなのをこらえるように顔をしかめていた。

カテコで、あんなにも哀しい顔をしている耕史くんは初めて見た。

本当に悲しそうな顔だった・・・・

そして、何度か海宝くんに微笑みかけてもいた。
その優しさに溢れる顔といったら、もう・・・

険しい顔をしつつ、時に微笑みかけ、時に涙をこらえ

あんなにも感情を表に出すことは今までになかったのに。

一緒に頑張ってきたチームの一員として
そして、同じように舞台に生きる役者同士として
海宝くんの無念さが痛いほどわかるんだろうなぁ・・・


自分たちもこの先確実に再開するという保証がない中、今日だけでも幕を開けることができたのだ。


泣きました。
ただただ泣きました。

こんな状況の中でもあんなに素晴らしい舞台を見せてくれた感謝の気持ちと、無念な気持ちと・・・
舞台を観られた喜びと、この理不尽な状況への怒りと悲しみと・・・
いろんな気持ちが入り混じって本当に泣けました。

そして

アナスタシア問題などと言って、耕史くんとターコさんの共演にあたふたしていたのに、いざ二人が同じ板の上に立っている姿を見たら、幸せしかなかったです。
自分にとってかけがえのない存在の二人が共演をしているという奇跡を、ただただ喜ぶばかりでした。

・・・・

・・・・・

・・・

2度のスタオベもあり、拍手と歓声と涙と。。。
そんなカテコが終わって、終演になったとき
私のすぐ後ろの女の子が数人いて、まだ客席から離れがたい様子で語り合っていた。
海宝くんのファンの方々だったと思う。

「これで終わりなんてありないよね」
「なんでこれで終わらなきゃならないの」
「ホントだよね、なんで」
「あっははは~」
「なんでだろ、あははは~」

笑いつつ話していたのだ。
話し声だけ聞いていていると笑いながらの陽気な会話のようだったが、振り返ったらみんな泣いていた。
涙を流しながら笑って話していたのだった。

人間、あまりに悲しいと笑ってしまうことがある。
笑いながら泣いていることがある。
本当に悲しいんだなぁ・・と思って胸が痛かったです。

それにしても
グレブが凄すぎたよぉぉぉ~~
魂持っていかれたぜ~

スポンサーサイト



カテゴリ: アナスタシア

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

「アナスタシア」

ご覧になれたのですね!
良かったぁ。
(レクイエムさんの感想が読める!)

麻実れい様と山本さんの共演日が、あの貴重な舞台の日でもあるなんて、
ファン魂へのご褒美ですね。

私は13.14日なので駄目でした。
でも自分は観れなくとも、山本グレブが舞台に立つ、これ迄と異なる観客層に山本グレブを観て貰えると思うと、それだけでも嬉しいと思えました。

もう必死で感想を漁りました。
嬉しい感想多々で誇らしい反面、レクイエムさんの言われる、舞台で進化していく山本グレブを見て欲しかった聴いて欲しかった、と思っている自分がいました。
とは言え、舞台は一期一会、
その時が各人には本番ではあるんですよね。
贅沢な欲求でした(汗)
それに山本グレブをもっと観たいと云う方もいましたし
再度の再開が叶う事を切望しています。
私だって観たいですもん。

その前にレクイエムさんの感想をた~っぷりと読みたいです!!






URL | kay #-
2020/03/13 02:17 * 編集 *

遅くなってすみません

kay殿

コメントのお返事がかなり遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
しばらくたてこんでいて、バタバタしていたので。

本当にご無念ですね
観劇のご予定がそうなってしまって。
kay殿のお気持ちを考えると、あまりにもつら過ぎて・・・

仲間内でもかろうじて11日を買っていた人たちもいますが、まだ観られてない友もたくさんいます。
観れないでいる方々の悔しさ、苦しみ
グレブの評価が高いからよけいにつらい。
でも、1回観られた側も、あんな素晴らしいものを観てしまったがゆえに、もう一度見たい、もっともっと進化したグレブになるはず
という思いにとりつかれて、苦しくなっています。

グレブを思うと切なさがこみあげてきて、なにかこう、まとまったものを書ける気持ちになれい日々。
でも、どんどん記憶が薄れていくので、なんでもいいから感想を書き留めたいと思っています、いつもの調子で!!

20日からの再開を信じて、たくさんのアホな萌え記事をいっぱいアップできますように。
必ず幕が開くと思い、念を送ります。

記事がアップできたら、また読んでくださいね。
細かいところはまったく覚えてなくて、ただただグレブに魂持っていかれたという記憶しかないのですが・・・

本当にお辛い中でコメントしていただき、ありがとうございました。
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2020/03/17 07:30 * 編集 *

有り難う御座いました!

なんか自分の感情ばかりの前のめりなコメントをしてしまいまして
ふと我に返り恐縮しておりましたが、
あのような感想記事にやはり嬉しさが勝ってしまい、夢中で拝読しました。
やはりレクイエムさんの視点感性は素敵です。
本当に有り難う御座いました!!

今夜から山本グレブが再降臨ですね(嬉々)
又感想Twitterとかで夜更かしの予感。
この感想漁りがこの先も楽しめるよう
公演が続行されることを願っています。
そして大阪では心置きなく楽しめる状態に
世間がなっていること心から祈るばかりです。
だったら私だって観れる🎵

又も駄文になってしまいました(恥ずかし~)

これからも素敵な感性の記事を楽しみにしております!
URL | kay #-
2020/03/20 21:35 * 編集 *

次々に

kay殿

無理やり休みを入れさせてもらい、できる限り観に行ってますので、毎日うざくてわけのわからない内容の記事をアップしてます。
記憶違いもいっぱいあるかもしれませんが、少しでもコウジグレブの素晴らしさがお伝えできればいいなぁ
読んでいただけるなら嬉しいです。

どうか大阪のオーラスまで、無事に完走できますように。
そして、kay殿がグレブ様に会えますように!!
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2020/03/24 11:22 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/5594-e4ae19fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top