FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ガストンさま!!(1)

あ、そうだあああ

ガストンさまのことを書いてなかった。

なにかと抑えつけられたような圧迫感のある日々っすが・・・
こいうときにもアホな萌え記事を書けるのがアタシのアホなところですねん(笑)

緊張感はあるけど、あのガストンさまを思い出すと
ほげら~~~
にまら~
ふにゃら~
っとしてしまう、そんなやつなんだす。

そもそもガストンに様をつけたくなるなんて
実写版もカコイイんだが、
あのコウジガストンは反則であった。

あんなかっこいい色気だだ洩れなガストンってありかよおおお

ありですけど(笑)

ワイレッドのタキシードがあまりにも王子様で、
いや、王子様というにはダンディ過ぎる!!
大人の男の色気がハンパなく流れ出ていて
なおかつ、迫力があって、

あんなガストン、この世の中にあっていいのかあああ

いいんですけど(笑)

歌声も、従来のガストンとは全然イメージ違うんだが・・・
最初のひと声の低音で、すでに悶えたもんね

ガストンがあんなに色気のある声でいいのか~

いいんですけど(笑)

低い声には特に魔力があって
しかも、タキシード姿。

朝の歌のあの歌い出しのひと声で、うおおおおお
ああいう低い声の歌い出しはヤバすぎるんだぜ

サリエリ様の低い歌い出しで大萌えして客席から落ちそうになったけど

まさかガストンでその萌え感を味わえるなんて
驚きだったあああ

ガストンの一声であんなに萌えるとは~~

「ガストンさま」とお呼びしたくなる


今回のコウジガストンのなにが一番ヤバかったかと言うと・・・

そりゃ、タキシード姿は最高だし
自信たっぷりのタラシな表情とか
鋭い射るような眼力とか

見ているこっちの眼があまりにも贅沢なものを見過ぎてキャパ超えした感あった。

ビジュアルも最高~~

でも、なんつったって
「声です」

コウジボイスの魅力のいったんが次々と繰り出された。

低音のハスキーボイス
唸るときのド迫力

そして夜襲の歌では
その状況の空気も一変させる説得力のすごさ

声自体に緊迫感があるのよ
歌での説得力もあるけど
声そのものの説得力もすごい

戦いへ向かう切迫感とか
緊張感、やばかった。

単なる歌で終わらないのよ、このお方は。
役になりきって歌うその表現力と説得力が半端ない。

ああすごかった~~








スポンサーサイト



カテゴリ: 美女と野獣コンサート

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/5580-88142e29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top