FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

遠山グレブインタビュー

グレブ役の遠山裕介さんのインタブーがアップされた!

・エンタメターミナル
ミュージカル『アナスタシア』に出演する 遠山 裕介さん インタビュー


グレブ役に付いて多くを語っていらっしゃいます。
遠山さんといえば、そう、コウジヤマモトとめっちゃ仲良し~

双子の当銀大輔さんと共に抜群のダンスで数々の舞台で活躍
メンフィスのステージ見学ではMCとしていろいろお話してくれたっけなぁ・・・

遠山ブラザーズといえばダンサーのイメージが強くて、スタイル抜群のキレッキレのダンスが印象的だったが、今回はグレブとしてじっくりお芝居も見せてくれるんじゃ

そんな遠山さんのインタビューでは耕史くんのことも語っている。

なななんと『歴史にドキリ』の歌って踊る上杉謙信の時が初共演だったとは(驚)

そんなコウジヤマモトは、今回のお稽古場でもアニキとしていろいろアドバイスをしてくれるとな

「今回は同じ役をやらせていただくので、アドバイスをたくさんいただいています。
例えば、僕はダンサーをやっていたので、動きがきれいすぎると指摘されました。
確かに普通にしているとバレエの5番の足のポジションで立ってしまっていることなんかがよくあるんですよね(笑)」

なるほどなぁ
耕史くんは、そういうところも見ているのか

そして二人のグレブについては

「堂珍さんのグレブにはやさしさの中に怖さがあるイメージ。」

「耕史さんは、キャリアも長いですし、はっきりとしたグレブ像を持って役を作っているなと圧倒されます」

「はっきりとしたグレブ像を持って」

今までのコウジインタビューで語っていたグレブ

壁のように立ちはだかる
グレブの登場でろうそくの炎が消えて闇になる

「圧倒されます」

圧倒という言葉に期待が高まる!!!

ファンになって今までの舞台で、その役の捉え方と表現の仕方は常に正しかった。
正しいという言葉だと偉そうだが、つまりは役の方向性や捉え方が天才的
こっちが予想したものをはるかに超えてくるお方ってことなんじゃ

あ~~
グレブが楽しみすぎる

皇太后はいったいどんな役作りでくるのかも楽しみ~

もう少しで幕があがるだなんて、まだ実感がわかないけど
もう目の前なんだよなぁ

スポンサーサイト



カテゴリ: アナスタシア

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/5571-c59f9918
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top