FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

絶メシ第3話・第4話

毎週の癒しだなぁ

絶メシ、ほんとにいい!
さりげないけど、わかる!!ってとこがいっぱいだし
なにより、おいしそうな「メシ」がたまらん

第3話のラーメン
やばいいい
ホント食べたい!!!

しかし、あの石はすごいなぁ
あんなに石を集めてどうすんだ(笑)

でも、きっと、あの石のコレクションがおやじさんの心の隙間を埋めているんだろうなぁ・・・

メニューがあんなにあるのに、ラーメン一択って(あはは)

高橋長英さんという味のある俳優さんが演じていたからこそのあの空気感。
いい俳優さんが次々に出てきてうれしい~

高橋さんは、山南敬助を演じたことがあるのだ。
1977年TBSオンエアの新選組始末記
(近藤勇:平幹二朗 土方歳三:古谷一行 沖田総司:草刈正雄という配役だった)
だから当時は他のドラマで高橋さんをお見かけすると、
「あ、山南さん」
って思っていたんだよなぁ・・・


第4話も個性的過ぎるお店で(笑)

あのボリュームの定食の後のサービスカレーはアタシには無理じゃ(笑)
あの定食だけでも完食無理っぽいもんね

初めての客はあの定食一択とは・・・
絶メシは一択が多いのか(笑)
根岸ママンのお店は逆にメニューありすぎだったけど(笑)

それぞれのお店の主人の「こだわり」が絶メシの魅力なのだ。
一択でも、全択でも、絶妙な味わいのある「メシ」。
ただ単に美味いってだけでなく、そのお店のご主人の生き方やこだわりも味わえる。
我が道を行くようでいて、ちゃんとお客さんのことを見ていて、お客さんの喜ぶものを出す。
そこにこだわりがあって、地元の方々に愛され続けてきたお店。
一本筋が通ってて、絶対に曲げない信念を持っているからこそ愛されているんだろう。


おやじ臭いって言われてめっちゃかわいそうだった
パパは必死に家族のために働いてるのに~~
妻も娘も好きな追っかけできるのは、パパがいろんなことに耐えてがんばってるからじゃないのさ~~

などと憤慨もしたが・・・
よく考えると、私も娘と一緒におなじようなことを主人に言ってた記憶が(笑)

娘と私の会話に主人が入ってくると、会話が止まるし
不愉快なことしか言わないし
ずれたことしか言わないし
なんか汗臭い気がするし

娘はめっちゃ嫌がってたし、私も嫌がってた(笑)

すまんかったのう(^-^;

パパごめんね
ってあやまる娘さんでよかったね、民生さん!!

そんなこんなで楽しい絶メシだが

やっぱ

第4話は

あれだよね

あれですよね

アイツデスヨネ~~~

スポンサーサイト



カテゴリ: 絶メシロード

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/5566-21e5016d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top