FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

何食べSP、最高(6)

第3章はケンジさんのけなげさと
シロさんのカッコよさが際立った回だった。

家計のやりくりに奮闘するケンジさん

「コンビニでハーゲンダッツうううう」

という絶叫に爆笑!

シロさんのために必死で頑張る姿がけなげだなぁ・・・
会えない時間が長すぎてつらいのに、ひたすら節約に励み、夕飯づくりに頑張るケンジさん

増えていく冷蔵庫のタッパーが、ケンジさんのひとり夕飯を物語っていて切ない・・・

それでも頑張るケンジさん
その頑張りに、中村屋の店員さんも無言で(笑)援護してくれる。

ケンジさんの奮闘ぶりに毎回感謝の言葉を言ってくれて、毎回「すまない」と謝ってくれるシロさんもステキだ~

お互いを思いやる気持ちがあるって、こんなにも素敵なことなのか


2人を見ていたら、なんかちょっと反省しました

ワタスは、めんどくさいとか愚痴ってばかりで、いやいやながら夕飯の支度をしていることが多いなぁと
(あはは
家族に、ありがとうってあまり言ってないよなぁ~と。

同じ料理をするなら、食べてくれる人のことを思って、気持ちをこめて支度をした方が楽しいのに・・・
わたしゃ、文句ばかりで、ぶーたれながらキッチンに立ってることが多いかもしれない。

日々を楽しく過ごすのも、つまらなくするのも気持ち次第なんだよなぁ・・・・


死にそうなほど忙しい弁護士事務所のみなさん

うな重

そうだそうだ!!!!
それなんだぁぁぁぁ~

忙しすぎてキレそうなとき、行き詰って絶望しそうなときでも、
思い切り美味しいものを食べれば、また力が沸いてくるものだ。
わかってらっしゃるなぁ~

そして、依頼主さんとシロさん2人のシーンが来るのだが・・・

このシーンがいちばん泣けました

利重さんの演技も素晴らしい
こういう神キャスティングがこのドラマの凄さでもある

そして

このシーンのシロさんのカッコよさに惚れ惚れしました

うな重を食べながら、離れ離れの家族を思い
泣きつつも、うな重の美味さが染みいる・・・

「うまいものを食べた時に、それをまた一緒に食べたい、食べさせてあげたいと思う人が心の中にいる人間は、何があってもやり直せます」

このセリフがいちばん胸を打ったあああ
ホントに泣けました・・・・

シロさんて本当に素晴らしいな~

このセリフを言っている時のシロさんがあまりにもカッコよくて、クラクラしたもんね
惚れるうううううううううううううううううううう


愛する人に美味しいものを食べさせたいという気持ち
愛する人と共においしいものを食べたいという気持ち

愛することと、食べること
これは繋がっているんだよなぁ・・・

食って、単に空腹を満たすだけじゃなく、心も満たしてくれるものなのだ。

「共に食べる」
ということは、
「共に生きる」
ということなんだとしみじみ思いました。

スポンサーサイト



カテゴリ: きのう何食べた?

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/5515-b235cf33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top