FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

何食べSP、最高(5)

中村屋のケンジさんとジルベールワタル

ここは、まず、買い物かごを持っているケンジさんの可愛さがたまらん

ワタル君、わさビーフの爆買い(笑)
沼に落ちてるじゃん、またも

この2人のカフェランチ
スイーツなものを食べながらスイーツなお話
と思わせて、核心をついた深い話になってるんだよなぁ・・・

人を愛することってなんだろう
相手の愛をどううけとめてどう引き留めるか・・・

愛情の安売りはしないというワタル君と
好きな人にはいつもめいっぱいというケンジさん。

刺激を求め続ける激しさか
いつもそこにあることの強さか

強い刺激はその激しさゆえに、やがて疲弊するのではないだろうか・・・

なんてことを考えさせてくれる深いシーンだった。

簡単に手に入れられるものに人は執着しない
と言うワタル君。

いつも相手の愛を確認していないと不安なのかなぁ
裏切られるのがコワいのかなぁ

愛に飢えてるんだろか・・・
今までそんな目にあってきたんだろうか・・・

「愛情を試すのは時々にしなよ」
というケンちゃんの言葉に核心を突かれたようで、
「意味わかんない」
とイラつきながらも、焦っていたように見えたもんね。

度が過ぎるわがままにすべて答えている小日向さんなのに、ワタル君はそれでも確かめずにはいられないのかな・・・

なんかちょっと切ない気分になった。



半分残したお豆腐には大きな意味があったのよね・・・



帰宅した小日向さん

「ただいま~」
って、いきなり無駄にカコイイ~~(笑)

スタイリッシュでスマート
ホントイケメンなんだもん

紀ノ国屋の袋を両手にしている姿もカコイイ
スタイルよすぎじゃ~~

小日向さんがワタル君に向ける
「ん!?」
が好きだあああ~

このシーンではその「ん!?」がいろんなバージョンで連発されてて、最高

「んん!?」
「ん!!??」
「うくくふう・・ん!?」

途中での
「あ、はい」
も好き~

んんん!?連発の後に一瞬ワタル君に向ける顔が慈愛に満ちててほんとに優しい。

「そういう愛がほしいの」
って言われた時、嬉しさのあまり目をむいてる小日向さん

なんで嬉しいのか、ホントわけわかんないけど(笑)

大ちゃんの夕食をちゃんと用意してあるのに・・・
それをすぐには言わないで、いちいち、
「こんなこともあんなこともやっちゃってるけどいいよね」
と確認してるのが素直じゃなくて・・・
もうもうもうジルベールったら~

そんなワタル君に対してすべてに寛容で
真正面から直球でいくように見える小日向さんなんだが・・・

小日向さんの愛は、屈折してるのか純粋なのか
凡人にはわからない極致に行きついているのか

一途なんだろうけど、どこか常軌を逸していて、
単純に見えてワタル君より複雑なのかもしれない・・・

そんな小日向さんと一緒に暮らすワタル君ってある意味すごいのかも

・・・
・・・
・・・

ふたりのやりとりを見ていてそんな風にも思えてきた。


そして

自分のために用意してあるお皿とフォーク
(冷凍をチンしたままの板状のご飯が茶碗に入れてあるけど(笑))

それを見た時の小日向さんの驚きと感激の表情

それは本当に素敵だと思った。


呆然としながら横にスライドしていく姿がなんとも(笑)

自分のために夕飯を用意してくれたことをこんなにも喜べるなんて・・・
たったこれだけのことでこんなにも感激できるなんて・・・
うらやましいなぁ

ホントにホントに愛しているんだね、
ワタル君のことを心から。


「違うよ!!」

と初めて大声をあげた小日向さん

さらに

ワタル君にむけるときは、いつも高めの声でソフトに話していたのに

「食べるにきまっているじゃないか」

という声が、ぐっと低音でドスのきいた男らしい声だった。

濃い~~~
めっちゃ濃い~~~

声も濃いし視線も濃い
今までで最高に濃い視線じゃないか~

あんなに濃い視線は圧が凄すぎて普通じゃ受け止めるのが無理じゃ
逃げ出したくなるもんね、圧が強すぎて。

あんなに濃い視線を受け止めることができるワタル君ってすごいなぁ・・・

ワタルくんて小日向さんを愛しているんだなぁ
小日向さんの愛をわかってあげているんだなぁ
ってちょっとだけ思った。

もう、わけわかんない
最高じゃん

おかしいだろ、この2人は~~(笑)



皿洗いの姿もカコイイ
なにやってもカコイイなぁ

「僕は、わたるくんが投げつけるわがままはすべて僕に向けられてほしい。
そして100パー僕だけで答えてあげたいんです」


名言だ!
名言過ぎる!!

このときの小日向さんは、優しい顔で、ホント男前なんだもんね

素晴らしいよ~この名言は!!
理解できないけど(笑)

この2人にはこの形で愛が成り立っているのね
常軌を逸してるけど(笑)

このあと、シロさんとケンジさんのアツアツシーンを見てホッとした気分になった(笑)

この普通ぶりが落ち着くもんね~

でも、小日向さんの愛の劇場は本当に楽しかった。

インパクトありすぎやけど(笑)

スポンサーサイト



カテゴリ: きのう何食べた?

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/5514-8cfc03ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top