FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

小日向さん

ああもうだめだああああ

あまりにも小日向コウジが面白過ぎてツボ過ぎて
ヒマさえあればリピリピリピで10万回くらいは観た(え)

寝ても覚めても小日向ワールドから抜け出せなくて
小日向地獄に堕ちた~、いや小日向天国というべきか(笑)


なんであんなにカワエエのよ
可愛過ぎるだろう~~

登場からしてもう普通じゃないオーラが出てた(笑)

ドドドっと入ってくるテニス仲間の中でひとり浮世離れしてるあの感じ

もちろん、ビジュアルが(原作とは違って)めっちゃ美しい男なわけで
どう見ても小日向さん自身がお耽美
「大人ジルベール」と呼びたい(笑)


で、シロさんに向けるあのねちっこい視線ですよぉ(笑)

ロックオンしてんのか
すでにロックオンか(笑)

家盛たんを捉えたよりりんの視線を思い出した(あはは)

まっすぐ過ぎる視線がコワい

そしてあのエスコートっぷり
ちょっと体をそらしてあのポーズ

差し出した手がなんかエロイ

シロさんも、すでに小日向ワールドに迷い込んでる感じ
戸惑いながらも逆らえず・・・みたいな





なんつってもシロさんの妄想上のジルベールと小日向さんっすよ

爆笑しすぎて泣いたあああ(笑)

何度リピしても声に出して笑ってしまう

なにがおもろいって、声だす

もちろん、表情もおもろいんだが
小日向さんの声が声が声が

あの、ひそひそ声なのに愛情たっぷりな声
「ジルベール愛しい」があふれている
あふれかえっている

ご機嫌うかがいの可愛さよ

寒い~

あっあっ

わたるくん
わたるくーん

開けて








ご、ご、めんね


あっははははははは~
どっから出てくんるのさ、あんなきゃわええ声が~

で、ドアを開けてもらえた時の

「はっ」

みたいな、うれしそうな感じがたまらん

「あっかわいい」

って声も、わざとらしくなくて、最高!!
思わず漏れてしまった感が素晴らしい

抑揚のつけ方が絶妙なんだもんね。

帰りが遅くなった言い訳をしてる声も表情も
懇願という言葉を全身で表してる感がエエですのう
あの声は、ソフトを通り越して、悲愴感さえある声なのだ。

わたるくん

も何種類かある(笑)

「わたるくーん」

っていう呼びかけっぽいやつから
深夜のマンションでご近所に迷惑にならないように
声をささやき声に変えての

「わたるくん」

弱弱しさがたまらん(笑)

シロさんに話しているときの

「わたるのやつ」

って声とのトーンが違い過ぎて。


ハーゲンダッツの種類を聞いているときの目の動きが、また、もうもうもう

「喜んで~~~」な小日向さんのルンルンが(笑)
笑うしかない、もうーーーー

なんなのなんなの、このかわいい生き物は

渋めな大人ジルベールの時と
恋する小日向さん全開なときの落差がたまらん

シロさんとフリフリしているときの
「下から横へそして上へ」
という視線の動きとその粘っこさがエロ過ぎる

からみつくような視線なんだもんね

やだな、もう
好きすぎる(笑)

スポンサーサイト



カテゴリ: きのう何食べた?

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/5207-73e7dcc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top