FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

MAGNUM1031

メンフィス

HEDWIG

マハゴニー市の興亡

Lost Memory Theatre

薄桜記

ドキリ★ソング by 信玄・謙信

竹中半兵衛

死刑基準

くろねこルーシー

Woyzeck

JAM

鳴門秘帖

Links

RSS Field

All Entries

Search

SOZAI

Powered by FC2blog

QR code

フリーエリア

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

こんな夢を見た

昨夜は夢にコウジヤマモトが出てきて
幸せな朝を迎えた(うふふ)


劇場の夢

何かの舞台を観ている自分と友だち
いちばん後ろのブロックに座っていて、舞台がかなり遠い・・・

オペラグラスを使っていないから舞台上の人物が小さく見えてる

「遠いな~」

と思っていたその時、客降りがあって、出演者の何人かがすぐ目の前にキタのだ。
そして、わたしらに向かって話しかけたりしてくれて
「きゃああ~嬉しい~」
とテンション上がって盛り上がった自分たち。

その出演者のうちのひとりは藤井隆さんぽかったけど、はっきりわからなかった。
目の前で話しかけられたりしているのに、その方がぼやけていてはっきり認識できないのも変なのだが、そこは夢の中の出来事だから、仕方ない。

観ている舞台はびぎらぶではなく、みんな白っぽい服を着ている舞台だった。
なにかおされなミュージカルっぽい雰囲気・・・

舞台が終わっても、なぜか客席に残って友だちと談笑
追い出されることもなく、当たり前のように客席に居残っていた。

すると、楽屋から終演後のオフな姿のコウジヤマモトが出てきたのだ。

どうも、この劇場は演者さんも外に出るのに客席を通らないとだめらしい・・・

スタッフ数人に囲まれたコウジヤマモト

白っぽいジャケットに白っぽいボトム
美白肌がキラッキラで茶髪だった。

握手してもらえるとは思わずに、ダメもとで手を出したら
優しく微笑んで握手してくれたのだあああ

ああああああ
なんて幸せなんだああああ

夢の中で萌え死にしている自分。

耕ちゃんが去っていく後姿をながめつつ
友だちに
「握手してもらったああ」
と自慢のラインを送っている自分(笑)

一緒にいた友も握手してもらっていたが
「ワタシの方が丁寧に握手してくれた」
とか、妄想入りのわけわからない自慢でどや顔していて、バカ丸出しの自分だった(笑)

ここで目が覚めた。

バカ丸出しで終わった夢だったが(笑)
目覚めたとき、幸せな気持ちになっていた。


びぎらぶロスがこんな形で夢に出てきたのかなぁ

それとも、これからの舞台のお告げか(笑)

白っぽい服と茶髪

この記事のように夢が何年も先になってホントになることが多々あるから
何年か後にこんなビジュアルが出てくるかもしれない・・・


スポンサーサイト

カテゴリ: ・その他のコウジ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/5203-fa051aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top