FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

3/23前楽のびぎらぶ(1)

ついに今日で東京の千秋楽を迎えるびぎらぶ・・・
ああ、終わってしまうのがなんと寂しいことか・・・

極上のエンタメ、しかも日本オリジナル
こんなに楽しい舞台にも終わりが来るのだなぁ


昨夜の前楽を観てきた。

連日の立ち見
満員の客席は熱かった。

拙者の振った稲穂は、振り始めたらクニャっと折れてしまった。
まるで、こきん義経さまが馬上で振り上げた刀のように、クニャって(笑)
(折れたところを持って振り続けました)
稲穂も消耗してるのね(あはは)
連日満員の観客が熱く振るから、疲れがどっと出たのだな、稲穂たんも(笑)

昨日の前楽

もちろん、どの場面のこきんちゃんも、
きもかわいいし
カコイイし
色っぽいし
美しいし
歌声にしびれたし
笑って、萌えて、悶えて、とろけて
最高だったんだが・・・

なんかね
なんつうかね
涙が出たんすよ・・・

それも、古今to新古今の場面で。

なんでここで泣けたのか・・・
軽快でポップなダンス&ソングなのに

見た目はこきんちゃんだけど、ここはミュージカル度が濃い場面。
ダンサーズを引き連れてのセンターで歌い踊るコウジヤマモト。

マイ初日でここを見たとき、
長テーブルの上を歌って渡るのはマークだったし
ポップな曲でステップを踏んで歌い踊る姿はヒューイとだぶった。

そんな素敵な場面を見て昨夜は涙が出たのだ

舞台上を自由に歌って踊るコウジヤマモト

その生き生きとした姿を見て

「ああ、舞台で歌って踊る耕史くんは本当に水を得た魚のようだ。
歌もセリフも自由自在、あまりにも自然なステップ&ソング
歌とセリフに境目のない唯一無二な存在
ミュージカルの申し子なんだなぁ」

「これなんだ!!
見たかったのは、やっぱこれなんだ!!
これが見たかったんだ!!
私はやはりこの役者じゃないとダメなんだ!!」

そんな思いがぶわっと湧きあがってきて
なんか涙が出たっすよ・・・

笑顔で見ているのに、涙が出るって・・・
なんの涙だったんだろう

「山本耕史という役者を応援し続けてきた自分が間違っていなかった」
(間違ったと思ったことなんてもちろんないけど)

とか

「幸せをこんなにもらえる役者は他にはいない」

とか

いろんなことを感じて、しみじみしてしまったからなのかな・・・

こきんちゃんのハッピーソングのシーンで泣くなんてなぁ
あのきもオタ姿を見てマジ泣きしているアタスって(あはは)



もちろん、昨夜も、大好きなオタ芸こきんちゃんは絶好調でした(笑)

ものすごい前の席だったので、こきんちゃんが胸につけているハートの風船を割ったとき、その風船の破片が飛んできてワタスのひざスレスレに落ちたのだ!
そしてその破片を目で追っていたこきんちゃんの視線がキタのだ
「ギロっ」ていう鋭いキモオタ顔の視線が(笑)

いや、ホントはこきんちゃんはその風船の破片を見たってだけなのだが・・・
自分が見られたような錯覚に陥って、勝手にハッピー(笑)

風船だけでなく、ワタスのハートも爆発しました(笑)

キモい~~~
でも、なんか好き~~~~
キモいのがたまらん(笑)

スポンサーサイト



カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/5169-b9e06e62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top