FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

3/20のびぎらぶ(1)

昨日のびぎらぶ
いや~ホントに盛り上がったなぁ

まず、お客さんのノリが最初からすごかった
笑いも多く、イケイケだった。
観客が熱いと演者も燃えるもんね

平日マチネなのに男性客も多く
老若男女幅広い年齢の客席だった。

ワタスの隣の方々は、初見だったみたいで反応が新鮮
こきんちゃんの動きに大笑いしつつ
二幕のこきん副長登場で
「えええ~」
こきん義経登場で
「うわああ~」
こきん義経が覚醒してヨシツネを撃破したときには
「やったああああ~」
と大興奮しておられた。

また、終演後に出口に向かって歩いていたら
目の前の若い男の子たちが興奮気味に話していて
「山本耕史すっげー
歌、歌がマジで」
「かっこよすぎ
それで土方歳三もやってるんだから
堀北真希が結婚してもしょうがないなあのかっこよさは」
とおっさっていた(あはは~)

いろんな方々のいろんな反応が面白い。


ああ、副長が・・・
こきん副長が日に日にかっこよくなってきている。

最初は背中のシルエットと
「待たせたな」
「俺は土方歳三だ」
のところだけで、あとはこきん成分がほぼ100%の「なんちゃって副長」だったのに・・・

最近は、そのあとに階段を下りてくるところも
ひとことふたこと言うところもマジ副長になりつつあるんだもんね

隠しても消しても、にじみ出てしまう副長オーラ

だって、刀を手に持ってるじゃん
それがさまになりすぎるのよぉぉぉ~
自然過ぎるのさ、刀を持っている姿が。

その後は、ヘタレなこきんちゃんに戻るから
「なんちゃって副長」になって、こっちも落ち着くけど
マイクを持って歌い出すと、どうしてもかっこよくなってしまう
で、かっこよくなってしまうとマジ副長に近づいてしまうのだ。

マジ副長に近づくと、平常心が失われてつらい・・・
なんか涙ぐんじゃうのよぉぉぉ~
心乱れ過ぎて死にそうになるのよぉぉぉ~

最近は頭の中でメガネも消せるようになったし(笑)

昨日のマチネの観客の反応が独特だった。
いつもだと
副長のシルエットが浮かんで
「待たせたな」
がくると、歓声が上がって拍手が起きるのだが
昨日のマチネは、
「待たせたな」
で会場全体がシーンと水を打ったような沈黙になったのだ。
みなさんが息を飲んでいる感じの一瞬の沈黙があり
その後
「おおおおお~」
という声が地面から湧き上がるような地響きみたいに上がった。
その地響きのような声は男性が多かった。
そして
「俺は土方歳三だ」
で拍手が起きたのだった。

なんか、あの客席が一瞬沈黙する感じが独特だったなぁ
今までにない反応。
人間ってあまりに凄いものを見ると、息を飲むもんなのよね~
観客全体のあの一瞬の沈黙がすごかった。


こきん義経登場の時は歓声ではなく
「ひゃ~」
「はぁ~」
というため息に近いような声が客席から上がっていた。
そのタメ息のあとで起こった拍手喝さい。

突然の豹変ぶり
あの美しさ、色っぽさ
おくれ毛がたまらんのよ

殺陣も、江戸のサムライの姿や戦国時代の扮装での殺陣は見てきたけど
あんな牛若丸の扮装での殺陣は見たことないもんね
(あれは水干という着物で狩衣の一種らしいです)

あのお衣装での殺陣はなんか色っぽさがあって、たまらん
さらに、高い位置でのポニテだから、顔に髪の毛がかかったりして
いろっぽぃぃぃぃ~
(黒蘭のポニテと似ている)
中性的なお衣装での殺陣は、凛々しさと色っぽさがあってヤバいっす


鎌足にいたっては、美しいやらかっこいいやら、すごいやら
もう、ありえないほどのコウジヤマモトオンステージ!!
それまで消していたカッコイイ俺様オーラがいっきに放たれるから
受け取るこっちもメッタメタにやられまする。

あのオレンジ色の狩衣があまりにも似合っていてたまらん!!
凛々しさと美しさと気品がマックスじゃぁ~~
そう、気品!!
あのお衣装だと、美しいだけでなく気品がどどっと出てきちゃうのよ

美しさと男らしさとかっこよさにさらに気品が加わって
左右のおくれ毛が大人の男の色気を醸し出し
んでもって、歌うのがバリバリのロックなんだから

もうもうもうもうもうもう

これ以上最強な組み合わせってあるかあああああ~

耳も眼もすべてが至福

五感すべてが満足できる

・・・・そんな鎌足なんだよなぁ


今まで拙者の中では、
井上靖さんの『額田女王』を読んだ印象が強くて)
「飛鳥時代といえば中大兄皇子」
中大兄がめっちゃカッコイイスター的存在で
鎌足って中大兄に比べて地味な印象だったのだが
これからは
「飛鳥時代といえば中臣鎌足」
になるであろう(ふふふ)

鎌足の時はこきんちゃん成分はほとんどゼロで、
眉間にシワのシリアスイケメン顔で戦闘モードな表情だから
顔がマジ副長顔になってるんだもん
「副長顔の鎌足」
ってややこしいけど(笑)

スポンサーサイト



カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/5164-2b983635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top