FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

3/17のびぎらぶ(1)

超満員だったああ
ついに立ち見まででました\(^o^)/

熱気がすごかったもんね

いや~熱いことといったらもー

観客のボルテージも
舞台上のチームびぎらぶのボルテージも
上がりまくった3時間!!

拙者の席のお隣の数人がレキシファンのみなさんだったらしく
曲のイントロが鳴り出しただけでめっちゃウケて笑ってたっすよぉ

姫君SHAKEの手拍子ンパパンパンパパンパも完璧
SHIKIBUの♪シキシキブンブンシキブンブン♪のときの振り付けも
レキシーに誘導される前に真っ先にやっておられた。
さすがっすね~
で、そのレキシファンみなさんが休憩に入ったときに
「山本耕史の歌、すごいなんてもんじゃない」
「とにかく言いたい!山本耕史の歌ハンパない」
「まずはそれ!!」
と興奮気味におっさっていて、嬉しかったな~~


ここのところ
「ババアのカレーが食いたい
カレーカレーカレー」
の言い方がだんだん緩くなってきた。

初日明けのころは狂ったように
「カレーカレーカレー」
と叫んで全身をバタバタさせていたが
今日はちょっと抑え目だった。

その代わりというものなんだが
オタのキモ顔がどんどんキモさ倍増しとる(笑)
眼をむく回数が増えているし
ひとりごとの顔がゆがむのが凄いことになってきている

キモイィィィィィィ
すげーキモい
あああ、キモい

でもカワエエ(笑)


「こきん走り」も進化していた。

袖に走りこんだりするときの「こきん走り」
今までは、ちょっと体をよじるようなグダグダ走りだったのが
今日は、右に大きく傾いたまま手をぶらぶらさせて走っていった。
何度やっても毎回右に傾きながら走っていた。
足の運びも変だった・・・

あんな奇妙な走り方って見たことないな~(笑)

一幕の拙者のお楽しみの一つが
♪キャッチミー岡っ引きさん♪のこきんちゃんのオタ芸!!

あはははは~
これがめっちゃ上手いんだもん
ちょっとゆるいポージング
微妙にキメきれない振り
どこかなよっとした大また開き

なのに本人必死でしかも楽しそう(笑)

「楽しそう」ってのがツボ
ただ必死だけではあかんのよ
うれしさ楽しさがにじみ出ていないと・・・

運動神経なさそうな踊り方なんだけど
心から応援している熱意っちゅうかなんちゅうか
ポジティブな熱さがなければだめなのだが
こきんちゃんのオタ芸はそれがちゃんとあるのだ!

この場面ホント好き
キモいんだけど好き

だって、見事なまでのオタ芸だから(笑)


そして

♪古今 to 新古今♪のミュージカルこきんちゃん

ここはどんなにキモくやってても、
自然とミュージカルスターになってしまう(笑)

ポップで軽快なダンス
ダンサーたちを引き連れてセンターで歌い踊るこきん
みんなに合わせた振りだが、ゆるーくダンサーたちに合わせながら歌うのが
まさにミュージカルスター

あんなビジュアルなのにミュージカルスターに見えてくるのだ。



そして、やはり痺れたのが

♪僕の印籠知りませんか♪のソロ

ここは本当に何度聴いても感動する。
声だけで劇場を支配する圧倒的な熱量がある。
前に聴いたときより、歌い方がさらに濃く深くなっていた。

スポンサーサイト



カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/5156-b1743763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top