FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

3/14のびぎらぶ(2)

コウジ最高\(^o^)/
お客も最高\(^o^)/

今日のお客さんはホントに熱かったっすよ。

今日は2回目のカテコが終わったと同時に客電がつき、速攻で会場お帰りアナウンスが流れ始めたのだ。
だが、今日のノリノリな観客は全然あきらめなかった!
お帰りくださいアナウンスをものともせずに拍手し続けた結果、3回目のカテコがきたのだあ!

「あきらめないってことだ」
(by 副長)


いつもどおりにカテコはクールなコウジヤマモト
最後のカテコもちょっとかっこよく
「じゃあな~」
みたいにキメて淡々と引っ込もうとしたときに
ハプニングが起きたのだ。

茉優ちゃんをエスコートしてひっこもうとする耕ちゃん
袖に入る間際にお客さんに挨拶のポーズをしようとして両手を大きく広げたとき、その手が横にいた茉優ちゃんの顔面を直撃!!

「痛いぃぃ」
って茉優ちゃんが思わず声に出してた。

すると、それまですっと立ってクールにキメていたコウジヤマモトが、ものすごくパニクってキャラが豹変した。

どどどどどうしよおおおおおおお~~
みたいに顔がひきつってて
「大丈夫!?大丈夫!?大丈夫!?大丈夫!?大丈夫!?大丈夫!?大丈夫!?大丈夫!?大丈夫!?大丈夫!?大丈夫!?大丈夫!?」
みたいに茉優ちゃんを見てた。

ものすごい慌てっぷりだった。

「あ、大丈夫です」
みたいに茉優ちゃんが微笑むと
今度は高速お辞儀を繰り返し、身体を折り曲げて
「ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんねごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね、ごめんね」
って謝ってた。

わずか数秒間に30回以上は折り曲げたんとちゃうやろか
それくらい高速だった(笑)

あのすらっとのびた長身がすごく小さく丸まってた。

めっちゃうろたえて、顔が素に戻っていた。
あんなにパニクって動揺してるコウジヤマモトは初めて見たなぁ

あまりのキャラの豹変ぶりに驚いたもんね。

茉優ちゃん痛かっただろうに
ネタにしてスンマセン^^;

身体を折り曲げて小さく小さく丸まっている姿が衝撃だった。
クールなコウジヤマモトからの豹変ぶりがあまりにもインパクトがありすぎて・・・

その後は、
「ホントに大丈夫ですから」
みたいなしぐさをしてくれた茉優ちゃんを、ちょっと顔のひきつったまま微笑みながらエスコートしつつ、最後はやっしー&茉優ちゃん&コウジのトリオで手を繋いで客席に挨拶しつつ笑顔で引っ込んでいったコウジヤマモトでした。

生の舞台ってホントいろんなことが起きるもんですなぁ



そういえば、お花が増えていた。
BS朝日徳川吉宗スタッフからのお花が飾られていました。
こりゃ、続編ありだな
と邪推しておりまする(笑)

スポンサーサイト



カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/5152-d83785cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top