FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

MAGNUM1031

メンフィス

HEDWIG

マハゴニー市の興亡

Lost Memory Theatre

薄桜記

ドキリ★ソング by 信玄・謙信

竹中半兵衛

死刑基準

くろねこルーシー

Woyzeck

JAM

鳴門秘帖

Links

RSS Field

All Entries

Search

SOZAI

Powered by FC2blog

QR code

フリーエリア

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

メレンゲ最高(4)

引き続いて結婚について語る副長コメントを紹介しまする。
結婚のいきさつについて聞かれた副長は

「結婚する(ことになって)
だから、ま、今だから言えますけど・・・
いろんなところから反対とかそういうのがあるじゃないですか、こういう仕事ですから・・・
だから、その時にだいたいひるむ原因ってのは、自分たちが何も用意してなくて、なにも未来を見据えてない状態で挨拶に行っちゃうと・・・
だから何か言われた時に、もうあります!っていう状態にしたんですよ。
そうしたらやっぱりこう、あっ本気なんだなということでトントン拍子に進んでいきましたけど」

「未来を見据えて」

いい言葉だなぁ
時々ハッとするような言葉を使うんだよな、耕史くんは。

淡々と語っていたけど、強い決意と覚悟だったんだよなぁ
以前のトーク番組で、結婚のためには仕事をすべて失ってもいいと思った、っておっさっていた。
2人の未来を見据えて覚悟を決めた結婚
本当に素晴らしい~~

「よく言いますよね!
彼(浅利くん)みたいに知り合って友だちみたいな感じでずっとそのまま行く人もいるし、あまり知らない状態から結婚してそっから知り始める人も・・・
僕はそっちに近いので、日々発見もあったりはしますけどもね」

こんなはずじゃなかった
とか
こういうところもあるの
みたいなことはなかったかと聞かれて

「それはね、自分にありましたよ」

と副長。

でも、副長が言うのはいい意味でのことだった。

「ここにこだわってたはずなのに、こんなこと全然こだわんなくなるんだ~とか、今までこういう風に思ってたことがなんてくだらないことを自分は思っていたんだろうな~ってことが多いです」

「歯車が、最初はぎくしゃくするんですけど、がちっとこう合わせていくじゃないですか、どっちかが。もちろん向こうも合わせてくれているでしょうし、ぼくもなんかそいういうところを合わせながら生きていくいくと、わりとすんなり流れるので、こだわりとかを持つのも最近はどうかなぁと」

これを聞いていた奥田さんがひたすら感心されていた。
こだわりを捨てていくってすごい能力だね~
って奥田さんから褒められた副長。

こんな風に語って副長の時間は終わった。


ホントに楽しいトークだったなぁ\(^o^)/

組!忘年会話がいっぱい出てきて嬉しかったし
結婚に対しての耕史くんの穏やかな語りもよかった。

幸せオーラが漂っていて、それが浮ついたものではなくて落ち着きのあるものだった。
夫婦で未来を見据えて生きていくことの素晴らしさに感動もしちゃった。

ビジュアルもよかったし

mere3.jpg

mere5.jpg

mere7.jpg


ほんと最高だった
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/


スポンサーサイト

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/5086-1ab2abfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top