FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2018.11.12 (Mon)

映画『ボヘミアンラプソディ』(ネタバレあり」)

※この記事には映画の構成や内容に関してのネタバレっぽいところがあります。これから映画を観るという方はご注意を!


待って待って待って待っていた映画
『ボヘミアンラプソディ』をついに観たあああ(感涙感涙感涙)

20世紀foxのファンファーレからクイーン仕様になってて!!!
冒頭のあのシーンですでに涙目

ボヘミアン1

ラストはボロ泣き

感動しまくって泣きに泣きました。

映画を観て久々にパンフも買ったもんね

ボヘミアン2

クイーンの曲にはどれだけパワーをもらい続けていることか・・・

ラストのライブエイドシーンは圧巻のひとこと
涙涙で泣き過ぎて頭がガンガンした。

曲数が実際とは違うところもあったけど
そんなのはどうでもいい
マジで再現率がハンパない

家にある宝物のライブエイドのDVD
(インポートゆえこのディスクのためだけにリージョンフリー機器を買った)
伝説のクイーン復活ステージを今まで何十回リピしてきたことか・・・
今でも見るたびに感動に打ち震える・・・

映画のクライマックスは、そんなライブエイドの映像そのものだった!

凄すぎた
あまりにもそのままで

いや、単に歌い方や見た目を本物に近づけたってだけじゃない
確かなスピリッツを感じることができたのだ。
見た目だけじゃなく、魂もきっちりと再現してくれていた。
だからこそ、あれだけ泣けて、あれだけ感動できたんだと思う。

以前にBBC制作のフレディの半生のドキュメントを観たことがあるので、デビューのことや名作誕生秘話やトラブルや病気のことなどは知っていたが、映画では(もちろんフィクションも入ってはいるが)かなり忠実に描かれていた。

やはり音楽の持つ力は素晴らしい
音楽が人を変え、人生を変え、力を与えてくれるのだ。

ライブエイドの最後に熱唱したWe Are The Champions

この曲に出てくるlosersは歌詞だけ見ると、ヘドのMidnight Radio のlosersと真逆に思えるかもしれない。


♪All the misfits and the losers
Well,you know you're rock and rollers♪
(Midnight Radio より)

負け犬たちだってみんなロケンローラー
と受け入れてくれる


♪No time for losers
‘Cause we are the champions of the world♪
(We Are The Champions より)

負け犬たちにかまう時間などない
・・・みたいに一見突き放している

でも、それはダメなやつを捨てているんじゃなくて、鼓舞してくれてるのだ!!
俺たちはやるぜ!!やれるんだぜ!!
とパワーを与えてくれるのだ。

ヘドもクイーンも人間愛に溢れているのだ。
みんながロケンローラー
みんながチャンピオン

そこには愛が溢れている
生きることのすばらしさに満ちている

つらさも、哀しさも、弱さも、挫折も
すべてを包み込んで力を与えてくれているのだ。

だからこそ、何十年間も聴き続けていても、色あせない
だからこそ、何百回も聴きまくっていても、胸を打つ

ぜひとも音響にこだわった映画館で観て欲しい映画だ。

そして、できるならライブ仕様の回でもう一度観てみたい

偉大なるロケンローラーは不滅なのだ。

ああ、素晴らしかったなぁ

映画のエンドロールになってもだれ一人として立つ人がいなかったし、終わった後に拍手が起きました。
みなさんの感動が伝わってきました。

ホントに泣けたよぉ・・・



スポンサーサイト



06:51  |  ・HEDWIG  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

お久しぶりです。クイーンの話題にコメントしたくなりました❗私もロック少女で熱烈クイーンファンだったので嬉しいです。来日公演を見たと言うと、若い連中に化石を見るような目でびっくりされたり・・・クイーンは伝説になったのかと複雑でした😅来週5年ぶりに映画館へ行って、彼らと再開してきます。見る前から泣きそうだ😭
tomo |  2018.11.20(Tue) 10:23 |  URL |  【コメント編集】

★おおお!!

tomo殿

なんとクイーンの来日公演をごらんになっていたとは
素晴らしいですね~

学生時代の友がクイーンの大ファンで、よくアルバムを貸してもらっていました。
ライブエイドは、ビデオテープを3倍にして夜中に延々と頑張って録画し続けた思い出があります。
せっかく頑張って起きていたのに、ふっと寝てしまった時にテープが止まり、お目当てのボウイ&ミックのダンシングストリートを取り損ねて泣いた思い出もありです(笑)

クイーンの音楽は今もまったく色あせず、心の支えのひとつになってます。
ロックにもパンクやヘビメタ、グラムなどジャンルがありますが、クイーンはクイーンというジャンルですよね。
パンク、ハード、グラム、ヘビメタ、クイーン・・・
みたいな。
クイーンは当時からジャンルクイーンでした。
独自の世界観と誰にもまねできない彼らだけの音楽。
今もそれは不変ですね。

映画、本当に素晴らしいです。
そりゃ、あくまでもエンタメですから、脚色もあり、事実とは異なるところも多々ありますが、何よりもこの映画に携わった方々のフレディに対す愛と尊敬の気持ちが溢れていて、愛に満ちた映画です。
お楽しみに(^_-)-☆

レクイエム 0511 |  2018.11.21(Wed) 07:41 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4982-94ac080e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |