FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶCD

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

MAGNUM1031

鳴門秘帖

メンフィス

マハゴニー市の興亡

HEDWIG

Lost Memory Theatre

薄桜記

ドキリ★ソング by 信玄・謙信

竹中半兵衛

死刑基準

くろねこルーシー

Woyzeck

JAM

Links

QR code

Search

Powered by FC2blog

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

禁断の囁き

着メロやメールの受信音、
いつもは組!関係の曲や音にしている。

これが定番なんだが…

たまになんとなく気分転換したくて一時だけ変えるときがある。

で、最近変えたのがこれ

メールの受信音は

「だが、皮肉なことに
素晴らしい音楽だ」

そして

着メロは『痛みこそ真実』

そう
サリエリ様づくしなのじゃー

これってめっちゃ危険(笑)

だって、メールが届くたびに

「だが皮肉なことに
素晴らしい音楽だ」

あの魅惑の低音ボイスでサリエリ様が囁く

「だが皮肉なことに
素晴らしい音楽だ」

ひょえー

「だが皮肉なことに
素晴らしい音楽だ」

ぬおおお

「だが皮肉なことに
素晴らしい音楽だ」

でへへ

毎回溶けそうになる
毎回悶えてしまう

ヤバいっすよ、あの囁きは!
危険だわ、あの声は

ヤバいヤバいと思いながらも変えられない。
危険承知で溺れてしまう

まさに禁断の囁きに手を出してしまった感あり。

おほほほほほ

メールが届く度に、デヘデヘしてます(狂)

そして、

電話がかかってくるたびに、あの心乱される禁断の旋律が流れるから、聞き入ってしまい、電話に出るのが遅れる

という愚行の繰り返し(笑)


サリエリ様は罪よのう
ヤバいとわかっていても、止められない。
ズブズブと沼へ墜ちていくのみ。

ああ、またメールが!
あの禁断の囁きが流れる
ああ、快感(ふふふ)



スポンサーサイト

カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4937-9157bacd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top