FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶCD

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

MAGNUM1031

鳴門秘帖

メンフィス

マハゴニー市の興亡

HEDWIG

Lost Memory Theatre

薄桜記

ドキリ★ソング by 信玄・謙信

竹中半兵衛

死刑基準

くろねこルーシー

Woyzeck

JAM

Links

QR code

Search

Powered by FC2blog

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

観たあああ~

髑髏城、最後まで観たあああ~

黒蘭うおおお~

完璧なビジュアル過ぎ
フィギアにしたくなる、してくれ~

あのポニテ、似合い過ぎて死ぬ

悪の微笑み
人斬り剣

「やるな、おぬし」

とか

赤い炎に照らされる冷酷無比な微笑み

とか

そして

最後の

「来い、太夫」

まで

どこをとっても完璧過ぎてつらい!!


さらに

見返り青蘭のはかなげな美しさに震えました~
(欲を言えば、もうちょっとだけアップで観たかった)

カテコのお辞儀も好き~
ほっとした表情のコウジヤマモトがカワエエ
カワエエけど美しい~~

ホントぜいたくな映像をありがとうWOWOW

カテコのお辞儀を観終わって
やっぱ舞台のコウジヤマモトはいいなぁ
としみじみ思った。

早く見たいなぁコウジ舞台・・・


黒蘭も素晴らしいが
やっぱワタスのいちおしは白蘭・みだれ白蘭だす!
映像で見てもそれは変わらなかった!!

黒蘭いちおしが圧倒的だろうけど
ワタスは白蘭派なのだ。

なんというか

白蘭がいちばんコウジヤマモトの演技力を感じるっていうか
その特出した役者の力量を感じるのだ。
そして、エロくて妖しい・・・

乱れ白蘭は特にやばいもんなぁ・・・

理不尽なようでいてこの道しか選べなかった
こうなる宿命を背負っていた
そんな蘭兵衛さまが哀しい・・・

だから白蘭が好きなのじゃ~~

ああ、青も黒も白も
いつでも好きなだけリピできるというこの幸せよ!!

あああああ・・・

リピしまくって憑りつかれそうで怖い
いや、もうとくに憑りつかれていて沼へ堕ちているだろが(あはは)


やっぱ、天魔王と蘭兵衛の2人のシーンが最高にエキサイティングだわん
2人の役者の力量がハンパないんだもん
成河さんの天魔王あってのコウジ蘭兵衛
コウジ蘭兵衛あっての成河天魔王

この二人の組み合わせを考えた人は天才じゃ~


すかす、こうして映像でアップになると、鮮明にその表情がわかるなぁ

青蘭が初めて天魔王と会うシーンで
「我が殿織田信長の恨み」
と言われたその一瞬だけ目が光る。
落ち着いた表情の蘭兵衛がその一瞬だけ大きく動揺して目にぐっと力が入ってるのがはっきり見えた。
「織田信長」という言葉がこんなにも突き刺さるのね、蘭たまは。
そして
「森蘭丸」
と呼ばれた時の茫然とした表情


「来い、太夫」
も、あんなに綺麗な角度から見たことなかったから
めっちゃ嬉しかったなぁ・・・
あんな顔してたんだ・・・
あんなん反則やで

愛に満ちていても哀しい微笑みだった。


好きな蘭たまをあれこれリピしまくっていたら
なぜか無性に黒ヒースが見たくなってきた。

コウジヤマモト三大黒衣キャラだもんなぁ

黒蘭、黒ヒース、そしてサリエリ
ああ、サリエリさまの映像がないのがかえすがえすも残念じゃ・・・


さて、今度はどの蘭兵衛を観ようかなぁ
うひひひひ~


スポンサーサイト

カテゴリ: 髑髏城の七人

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4893-7dd98c27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top