06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

第4回やっと観たあああ

やっとこさ風邪地獄から戻ってきて
やっとこさ見ました、第4回の鳴秘を!!

見たああああ~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

いちいち叫ばずにはいられない(あははは)

なにこれ、弦たまモテ過ぎ~~
出てくる人出てくる人がみんな弦之丞様を追いかける

愛でも欲でも陰謀でも、なんでもいい
とにかくみ~~んな弦之丞さまの虜になっていくううう
どんどん増える弦之丞オタ(笑)

一度でも会ってしまうと、誰もが追わずにはいられない
それが法月弦之丞なのだ。

弦之丞さま、「人でなし」っていうより「人たらし」なんじゃね(笑)
ご本人は「人でなし」の道を歩んでるつもりでも(あはは)

第4回を見てつくづく思った
これは「鳴門秘帖を追う物語」というより
「鳴門秘帖を追う弦之丞さまを追う物語」なんだと。

巻き込むつもりはなく、むしろ孤高でありたい弦たまなんだけど、
周りの人々をどんどん巻き込んでいってしまう。
まるで鳴門海峡の渦潮のように・・・


旅に出て、いっきにロードムービー感が強くなり
旅先でのいろんな出会いや出来事がテンポよくすすんでいく

ワックワクな展開

で、



今回はなんたってお綱さんのターンだったああ
ああ、見ていてスカッとするようないい女
カコエエ~~~~~~
華麗なるガンさばきも
啖呵を切る時も
罠を張るときも

どんなシーンでも絵になる女

とにかくカコエエ~~

お綱さんがイイ女だからこそ、
「そんな女が惚れる男弦之丞はどんだけいい男なんだ~」
となるのだ。


万吉親分、ホント頼りになるなぁ
こんなにも身を挺して弦たまを守ってくれるなんて・・・
思っていたよりかなりポイント高いぜ、万吉親分

お米ちゃんもエエキャラや~
単なる薄幸の娘というだけでなく、どこか妖艶。
謎めいた小悪魔的な魅力があるんだもんね~

孫たんがけっこうマヌケで愛されるキャラになりつつある(笑)


最後の絶体絶命のシーン

見ているこっちは
「必ず弦之丞さまが助けに来る」
という確信がありつつも

来るぞ
来るぞ
来るぞ

キタあああああああああ~

という時代劇の王道行くダイナミズム味わえちゃったもんね

ベタなようで、めっちゃ盛り上がるううう
登場の仕方がいちいちツボる

小刀のしゅぱっ
一同沈黙
一節切の音色から始まって
飛んでくる縄
ひとりやっつけて
そして
本人登場

音でもワクワク
映像でもワクワク

登場するまでのあれこれの演出がもうもうもう
これぞ!!って感じで、時代劇の醍醐味が味わえる
ああ、カタルシスだわ~


次回がめっちゃ楽しみじゃ~


そういや、今さらだけど気が付いた。

鳴秘って主題歌がないのよね
普通は本編が終わった後に主題歌が流れて
キャストやスタッフの名前が出てくる。
その回の名場面なんかも流したりしつつ・・・

本編を観終わって、ほっと一息つける時間。

すかす、鳴秘は違う

ラストのクライマックスシーンでバサッと終わるのだ。

だから一息つくヒマがない。
ワクワクドキドキしたまま放り出される感じ。

だから、

「ええええ~ここで終わり~~
この先はいったいどうなるのよぉぉぉ~」

という感じで、心が揺れたまま終わりるのだ。

これがなんかくせになっちゃう(笑)

このぶった切り感がなんかいいのよね~

スポンサーサイト

カテゴリ: 鳴門秘帖

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4830-8910686a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top