06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

第3回観たあああ

第3話

見たああああああ~

面白い!!!!
俄然面白くなってきた

もう朝から3回はりぴしたもんね
老犬のために休日だろうと関係なく4時起きなのじゃ

で、早朝からリピリピリピ

今回はなんつったって
弦之丞さまの麗しいショットが多くて
いちいち大萌え~

寝姿
手負いの殺陣
怒り爆発
戦闘モードフルスロット
父上との対面時のエエとこの御曹司感
殺陣殺陣殺陣
そして
最後の戸惑い顔

美味しするぐるうううう

美しいお顔が多かった
やっぱあっしのおすすめは左斜めからのしょっとじゃ~~

そして憂う弦たま

ひたすら憂う
とにかく憂う
何にでも憂う
歩きながら憂う
寝てても憂う
座ってても憂う
ひとりでも憂う
2人でも憂う
昼間でも憂う
夜でも憂う

弦たま、憂いっぱなしぃぃぃ~~~(あはは)

また自分のために人が死んじゃって
弦たまにかかわると必ず死ぬ~みたいな
死神ぶりもいかんなく発揮!!
そしてわが身を憂うのじゃ

ひとでなしキタ~~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

憂い弦之丞をさんざん堪能したあとに
最後はキョどる弦之丞さまでさらに射抜かれました

憂う憂う憂う憂う憂う憂う、そしてきょどる

うれ弦のあとに、きょど弦(笑)

憂いつつ殺陣になると容赦なくバサバサ斬っていくのがたまらんなぁ
こういう殺人剣がコウジヤマモトで見たかったのだ!!!
みねうちとかせずに、頭っから本気で相手を斬る剣なのだ!
好きぃぃぃぃぃ~~~

っと、弦之丞さま語りはまた後で書くとして・・・

いや、もういっぱい書いてるやん(笑)
弦之丞語りしかしてへんやないの(あはは)

登場人物が増えて、いろいろなものが動き出して
いよいよ鳴門秘帖を捜す旅へと出発したから
ここから始まる感があってワクワクしたもんね


・浪人集団が出てくると幕末の倒幕浪士に見えてしまう(笑)


・とにかくみなさんの吐く息が白い
マジどんだけの寒いロケだったんだ~


・上杉さんのおとっつぁんが濃い
弦たまにおんぶされててうらやまし~
またも死にかけている人を抱く弦たま


・新見さん、出たああああ~


・越後獅子姉弟がけなげで
一生懸命泣いているのがカワエエ

弦之丞からスリ未遂でもらった小判の包みはどうなったんだろ
あんだけあればすげー大金だから裕に暮らせるのに・・・
おとんに奪われてばくち借金返済にでも使われちゃったのか~


・植木等のおみよちゃんが、こんなに時代劇が似合うなんて~
なんだか幸薄そうなんだけど妖艶さがあって
かなりキャラが立ってたなぁ


そして

そして

・とにかく篠井さんの麿ぶりがハマっていた!!
麿似合い過ぎ~
ほんとに麿そのものでツボったあああ~

かつて「日本一麿が似合う男」と言われたかの君は
今は虚無僧になってバッサバサ人を斬ってますが(あはは)
篠井さんもめっちゃ似合ううううう


お綱さんが回を増すごとに魅力的になっていくなぁ
なんだろう、あの色気は・・・
さばさばしてるようで不思議な色気があるのだ!

ホントにはまっているなぁ、すみ花さん!!
もっともっと弦之丞さまと絡んでほしいぞ~~


おっしゃ
また弦リピじゃ~~

世間的には今日は「こどもの日」だけど
アタシ的には「なるひの日」なのじゃ

ふふふふ~

スポンサーサイト

カテゴリ: 鳴門秘帖

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4824-0f8ec191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top