FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ひとり挙げるなら

昨夜から、あまりにも感激しすぎてかえって書けなかったことがある。

それは、

クソ野郎と美しき世界 オフィシャルブックでの局長のインタビューの中の一節のこと。

一問一答の中のQ41

「恩人をひとり挙げるなら、誰?」

この質問にごくごくシンプルな局長の答えが

「山本耕史さん」

恩人・・・
ひとり挙げるなら・・・

数ある恩人の中でひとり挙げるならと選ばれた副長

ああああああああ

どうしたらええんだぁぁぁ~~

組!から14年経って、恩人だよぉぉぉ・・・

親友とか仲良しを超えた

「恩人」

この言葉には、友情、愛情、信頼、敬意、感謝などがいっぱい詰まっているんだと思えて、もう(感涙)


そして、
「携帯電話の番号を''盗んで''くれたおかげで、人生が変わった」
と書いてある。

「人生が変わった」

局長にとって人生にかかわる恩人なのだな、副長は。

「''盗んで''くれたおかげ」

「盗んだ」
じゃなく
「盗んでくれた」
この言葉にこめられた局長の思いが、もう(涙)

頑なだった頑丈な心の壁をある意味力技で壊してくれたんだよね、副長は。
そこにある愛情の強さと深さよ

あの当時
「耕史くんは人を愛する天才」
と山南さんが言っていたのをまた思い出す。


今、こうして局長の言葉として読むことができて
本当本当にうれしいよぉぉぉ~

2人は、どんだけお互いにお互いが好きなんだ
もう~ホントに永遠だなぁ

2人は永遠

ああああああ
幸せだああああ~

スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4768-c11faebd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top