FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

2017年雑感(1)

もうすぐ2017年が終わりますなぁ・・・

ああ、ほんとに今年もコウジヤマモト大活躍で、充実した1年でした。

特に後半は怒涛のコウジ祭りがずっと続き、
祭りが続いたまま12月のトリがメンフィスという豪華さ!

そんな2017年をざっくりと振り返りまする。
めっちゃざっくりです(あはは)


今年はなんたってメンフィスヘドウィグ!!

ひとつでも大ごとなのに、これが同じ年にあったという
あまりにも凄すぎる2017年

メンフィスは舞台作品としてもベスト1

演出、キャスト、曲、構成、すべてが完璧な舞台なんて
一生のうちにいくつも出会えないもんだが、このメンフィスがそうだ!
奇跡のような舞台だった。
そして、山本耕史の偉大さ、凄さ、天才ぶりをあらためて実感した。


まさかジョンヘドに日本で会えるなんて
奇跡としかいいようがなかった。

あの感動、あの興奮
目の前にジョンヘドさまがいて生で歌っている
という奇跡。

ヘドウィグが終わったときは号泣した
メンフィスのオーラスでも終演後に号泣した


ワタシ的な2大号泣
ここまで泣きに泣いたのは何年ぶりだろうってほど泣いた。

そして、ジョンとコウジヤマモトの共演
という、またまた奇跡をも目撃できたのも忘れられない

2人が一緒に歌うなんて
これまた奇跡としかいいようがない出来事。

2017年はまさに奇跡の年だった!!


映像では、なんといっても植木コウジ

ドラマとしても素晴らしいし、芸歴41年のコウジヤマモトにして、新境地を開いた作品

誰もが、ファンのワタシでさえ植木等役が山本耕史と聞いた時は
「なぜに!!!!???」
と惑った。

すかす、オンエアが始まったら絶賛された

こんなコウジヤマモトの演技は見たことない
スターとして生きざま、落ち着きのある大人の男、
時代を背負ったスターの孤独と苦しさ、人情に熱い男前さ
この作品もまた、演出、キャスト、曲、構成、どれもが素晴らしかった


そしてモーリー

ドラスティックで繊細
どこか子供のような無邪気さ
とにかくひたすら美しかった守綱さま
だって、コウジヤマモトが黒燕尾でバイオリンを弾くんだもん
それだけで溶けるもんね
しかも美坊主姿まであって・・・
美味しかったなぁ・・・


さらに、今年は
局長との絆、組!メンバーとの絆
の強さを実感できた年だった。

局長の新しい旅立ち、それを見守る副長
ますます深まる二人の絆・・・
心のコルクが見えた年だった。

そんな奇跡の2017年を月ごとにざっと振り返ってみまする。


スポンサーサイト



カテゴリ: ・未分類

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4695-28314bbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top