FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

メンフィス2017千秋楽(4)

そうだ、ハプニングがあったんだった。

ラジオブースに立てこもったヒューイ
必死に鍵を探して開けようとするシモンズ&バックワイリーの場面

いったん外に出たブラックトリオがまたブースに入ってきて
ヒューイがドアを閉めるところでドアが幕に引っかかって閉まらなかったのだ。
で、必死にドアを引っ張るヒューイ、
外からドアを引っ張るシモンズさん
どんなにやってもドアが幕に引っかかってて閉まらないんだけど
最後に、力ずくでドアを閉めたヒューイ
幕がびりびりに破れたようだった・・・
でも、なんかこの引っ張り合いがすごい緊張感があって凄かったなぁ

今まで一度も引っかかったことがなかったのに
オーラスでこんなハプニングが・・・

ハプニングにもすぐに対応する役者たち
生の舞台の醍醐味だなぁ


第2幕もあっという間に進んでいき
ウルウルが止まらない自分

なんだろう、この気持ち
メンフィスに没頭してるんだけど、
ああ終わっていく
どんどん終わりに近づいていく
っていう思いが一瞬よぎってしまうからかなぁ

「ヒューイ!
お前の時代は終わったんだ」
とヒューイの頬をペチペチするシモンズさんの声がうわずっていた。


ここから Memphis Lives In Me~ Steal Your Rock And Roll へと
もう涙が止まらなかった。

Memphis Lives In Meはいつもそうだけど
特にオーラスは、ひとことひとことに重みがあって
歌声にしびれ、ヒューイそのものにしびれ
ヒューイへの愛が止まらなかった・・・

なんて愛しいやつなんだ、ヒューイ

人生に勝った負けたなんてないんだ
この人はこれでいいんだ
こういう生き方だからこそ、ヒューイなんだ

そんな思いが溢れてきて、切ないけど哀しくはなかった。
人生はどんな生き方でも精一杯生きて悔いがなければ
いや、悔いはあっても自分らしく生きたなら、それでいいんだ。
それがヒューイなんだ
そして、ワタシはそんなヒューイが大好きなんだ

・・・泣きながらしみじみそう思った。


Steal Your Rock And Roll はもう理屈抜きに楽しんだ。
感動で泣きながら笑って観ていた。
泣き笑いな自分が可笑しかった。

ヒューイが現れた時のフェリシアの無無邪気な笑顔
飛び跳ねるように喜ぶフェリシアを見ていたら、また泣けた。

悲しいとか、感動とか、心を打ったとか
どういう感情なのかわからない
自分でもなんだかわからないんだけど涙が溢れてきて
でも笑顔で見ているのだ・・・

みんな大好きですうううう
愛してるよ、チームメンフィスうううう

そんな思いを込めて、突き指しかけたほど強く手拍子してた。
ただただ拍手、これしか感謝の気持ちを伝える術がないから

ありがとう
ありがとう
ありがとう

舞台に向かって心で叫びながら・・・

最後の全員のポーズで、メンフィスは終わった。

終わったけど、心の中でこの感動は生き続けると思う。

ああ、本当に素晴らしかった
最高だった!!!

ハッカドゥ!!!

・・・・

・・・・・

・・・・


そして

オーラスのカテコへ・・・

スポンサーサイト



カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4680-98016813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top