FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

メンフィス2017千秋楽(2)

※言葉や歌詞はうろ覚えなので正確じゃないです
そこんとこよろしくです。


ああ・・オーラスレポを書いているんだった。
真面目なこと書くとおもろないもんね(笑)
なんかつい熱くなってしまうんですう
(1曲1曲の思いはまた別記事でじっくり書きたいなぁ)

Undergroundから手拍子が起きてたっけ

この曲は縦のリしたい曲だから、手拍子というより
ホントは体をリズムに任せたくなるよなぁ
後ろの人の迷惑だろうから、いつも足だけでノってたけど・・・
すんません、オーラスはちょっと首振ってたかも
申し訳ない・・・体が言うこと聞かなくて抑えきれんかったです。

バラード系以外は、ほぼどの曲でも手拍子が起きていた!

Make Me Stronger でも縦のりの手拍子してたから、
いやおうなしに体が縦のりになってた気がする。
スンマセン(^-^;

Radioでは、あのヒューイの手拍子に完璧に合わせている方々がけっこういて
ワタシの近くの方々も完璧にやっていた!
すげ~~
みなさん、オーラスで気合入ってるなぁ~と感動
わたしゃ出来ないから、普通の手拍子で(笑)
あれって、下手にやろうとして合わないと悲惨だから(笑)
「家で練習してくりゃ良かったな~」
と後悔しまくったアホなアタシ(あはは)


アドリブはいっぱいありすぎて全部おぼえていないかも・・・

まずはクララ(笑)

割れたお皿の箱をクララに渡して
「クララ、これ持っていって」
と言うところで、オーラスでは
「クララ、これを持って行ってくれ」
とエライ低音の二枚目声で言ってて爆笑
サリエリさまをちょっと軽めにしたような声なんだもん。

で、

「ペリーコモコモ」
「ペリーコモコモ」
「ペリーコモコモ」

ってめっちゃ可愛い声で言いながら階段を駆け上がるヒューイ

「コモコモ」って(笑)
カワイイやら笑えるやら

客席またまた爆笑!!

さっきのサリエリ声とのギャップがおもろすぎて笑いが止まらなかったぜぃ


で、やっぱアドリブ来るだろうと思っていたバックワイリーネタ

バックワイリー大人気だった(笑)

♪俺知ってるんだ何がウケるのか
間違いなくヒットするぜ~♪

と歌うヒューイに
まず、シモンズさんが
「R&BのDJならウチにはもういるんだ、胸毛の濃いバックワイリーっていうのがな」
とかました。

爆笑

さらにヒューイをスタジオに連れてきて

「本物のDJを見せてやる
胸毛の濃いバックワイリーを」
と畳みかけるシモンズ。

バックワイリー登場ですでに笑いが起きていて
ヒューイが
「ホントだ、濃い
と応酬。

さらに爆笑

すると
バックワイリーが
胸毛の濃いバックワイリーです」
と自己紹介。

ここで爆笑とともに大拍手が起きたのだ!
バックワイリーがここまで人気者になったとは
ワタスも大好き、バックワイリー

胸毛をむしるヒューイは、むしった胸毛を丸めてコネコネしてから客席へ飛ばしていた(笑)

そして最後にバックワイリーは
「お前はこれから電話番だ」
とシモンズさんに言われてた(笑)

爆笑につぐ爆笑

いつもはラジオブースの筋トレバネを伸ばせないヒューイだったが
オーラスでは軽々と伸ばしていますた~(笑)


そういや、DJブースで遊ぶゲーターを
「なんだあの檻の中の熊みたいなやつは」
とシモンズさんが言ってた。
シモンズさん、アドリブいっぱいかまして絶好調だった(笑)

スポンサーサイト



カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4678-8e817e91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top