FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

魂の救い

※この記事には今回のラストシーンのネタバレが含まれていますのでご注意を!

メンフィスはヒューイにとっては決してハッピーエンドではない。

ヘドウィグもそう
あの後も、ヘド姐さんの境遇はなにも変わらないだろうし
トミーと結ばれるわけでもない
でも、ヘドウィグを観ると観ているこちら側の魂が救われる
ヘド姐さんの全人類的愛の深さと暖かさに包まれて
こんなアタシでもそれでも生きていく
こんなアタシでもこのままがんばっていけばいいんだよね
って気持ちになれる。
ヘド姐さんはすべての者を愛で包んでくれる
自分が笑ってないと泣いてしまう境遇でも・・・
負け犬でも落ちこぼれでも
こんなダメ人間なアタシでも受け入れて愛を降り注いでくれる

それがヘドウィグを愛する一番の理由なのだ。

そして

今回のメンフィスにはそれに近いものを感じている。

初演でもSteal Your Rock And Roll のラストの盛り上がりは楽しかったけれど・・・
もしかして、これはヒューイの夢なのかもしれない
ヒューイの中のフェリシアなのかもしれない
・・・という思いもよぎった。

もちろん、Steal Your Rock And Roll はご機嫌にノリノリで楽しかった。
ホントに最高にハッピーだった。

でも今回のSteal Your Rock And Roll は
魂が救われる思いがするのだ。

今の自分の辛い状況がかなり影響しているんだとは思うが・・・

音楽を愛していれば、どんな者でも救われる
だって、最後にヒューイも救われているような気がしたから・・・

だから、自分のような負け犬のダメ人間でもこれでいいんだ
こんなアタシでも、生きてていいんだ
音楽を愛し、人間を愛してさえいれば、救われている・・・・と感じて
それが本当に今の自分には魂の救済になっている気がするのだ。


ヘドウィグで感じた「魂の救い」を今回のSteal Your Rock And Roll でも感じた。

こんなこと、ヘド以外では初めてだ~

なぜだろう
なぜ今回のメンフィスには魂の救いがあるんだろう

自分が弱っているせいもあるだろう

でも、それだけじゃない
きっと何かが加わったんだ!
初演のメンフィスにさらに新しい何かが注がれたんだ!

その何かとは

・・・・

・・・・

・・・

愛かなぁ・・・
やっぱ、
愛かなぁ

最後にキャスト全員が集まって叫ぶ
ハッカドゥ!!

「全員が集まって」

というのがたまらないのだ。
客席へ愛を降り注いでくれているように感じるのだ。

その愛を受けとると
「ああ、救われる」
と心から思える。

キャスト全員の心がひとつになっているからこその愛
その愛を観客にも注いでくれる。
・・・

・・・・・

・・・・

なにかしら理屈をつけると、こんな風になるが・・・
上手く書けない、その感覚を。

魂が救われる感覚

どう書いてもうまく表現できないけど・・・
Steal Your Rock And Roll ではそんな感覚を味わっているのだ。

ああ・・・
その感覚、
魂が救われる思い
それをまた味わいたくてたまらないのだ。

スポンサーサイト



カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4643-a10fe6ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top