FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

MAGNUM1031

メンフィス

HEDWIG

マハゴニー市の興亡

Lost Memory Theatre

薄桜記

ドキリ★ソング by 信玄・謙信

竹中半兵衛

死刑基準

くろねこルーシー

Woyzeck

JAM

鳴門秘帖

Links

RSS Field

All Entries

Search

SOZAI

Powered by FC2blog

QR code

フリーエリア

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

メンフィス2017初日に思ったこと(1)

もう書きたいことがいっぱいあって
どこから書いていいのやら・・・

でも、熱くウザく面々とつづりたいけど
そうすると、全部ネタバレになってしまうから
初日開けてすぐにはそいういうことは控えないと・・・

ううううう、ホントは書きてぇ~
胸にたまった感動マグマが爆発しそうじゃ

で、

初日を見たときの雰囲気や感じたことをちょっと書きまする。

初日独特の緊張感もさることながら
まったく初めてではない、再演ということもあってか
客席のヒートアップがすごかった。

初演を見た方々の
「待ってました!」
「これが見たかった!」
「また会えた!」

初めて見る方々の
「これがあのメンフィスか」
「やっと今度は見られる」

それぞれが抱いている期待の熱さと大きさが普通の舞台の初日とは全然違った気がしたのだ。

そして、いよいよ始まったメンフィス。

もう最初の曲のUndergroundが流れたとたんに
おおおおお!
という客席の熱さがいっきに急上昇したのを感じたし
Undergroundが終わった直後には拍手とともに歓声が上がった。

その熱さがどの曲にもあって、どんどん観客がメンフィスの世界へのめりこんでいく空気感。

客席と舞台の思いが一体となていく感じ。

いつのまにか客席全体から湧き上がる手拍子
それに、手拍子のタイミングも初日とは思えないほど揃っていた。
ママンの曲の時は特に、それを感じたよ~(^_-)-☆

新しくなったボビー、ゲーター、シモンズ、そしてバックワイリー
演じる方が変わるとその役のキャラもまったくの別人になると実感。

それがまた新鮮でした。

もちろんみなさん凄いです
これからどんな風に進化していくのか
ヒューイとの絡みが楽しみ~

特にシモンズさんが素敵~~
叔父上がかっこよすぎてつらい(笑)
叔父上、キレッキレのダンスです。


具体的なことはまだ書きませぬが・・・

もちろん、セットや舞台転換、1部と2部の別世界感など
目のまえで展開された大きな転換も含めた演出がすごく効いていたのだが

ちょっとしたアイディアというか

なんて小粋なことしやがるんだ~
う~~ん、素晴らしい

と唸った演出があった。

これがあると無いでは全然違うなぁ
派手なことではないが、こういう演出が実は舞台全体の空気感にすごく厚みというか深みを与えてくれるんだよなぁ

と感服したっすよ。

スポンサーサイト

カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4637-af8ec05c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top