FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

植木等とのぼせもん 最終回感想(3)

社長の追悼式でのまっちゃんと植木コウジのシーン

もちろん内容も素晴らしいんだが

めずらしく声をあげる植木コウジに萌えるし
いろいろ萌えポイントだらけなシーンなのだ。

中でもコントラバスをつまびいてからよりかかる植木コウジ

この時の植木コウジがあまりにも美しくて美しくて・・・
コントラバスを抱きしめて、ため息をひとつ
そのあとに目を閉じるとこが最高に美しい~~~
悶えるうううう

そしてゆっくりと目をあけて

「社長も行っちまった」

と言う植木コウジが、まためっちゃ美しい~

陰影のつけ方とか角度とか
指の美しさとか

これを撮っているカメラマンや演出家は、コウジヤマモトをどう撮ればその美しさが表現できるかを熟知してるんじゃないか~
そういうスタッフさんたちなんだろうなぁと思わせてくれる・・・

角度も陰影も完璧なのじゃ~

で、

こんなシリアスなシーンになんなんですが(^-^;
このシーンを老けメイクで演じている植木コウジを観て
「50歳になっても60歳になっても耕ちゃんは絶対に美しい!!」
と確信したもんね。

その歳相応にはなっていくだろうけど

「絶対に美しいぞ、今から20年後でもコウジヤマモトは!!
だから絶対にファンでいるだろう
美しさに萌えているだろうアタシは」

って、そんなことを考えちまった(あはは)


めずらしく弟子の前で弱音を吐く植木コウジ
この寂しさ、むなしさ、があるからこそ、次の涙のシーンがより活きるんだよなぁ・・・

まっちゃんの言葉に激しく声を上げているけど
それは本当のことを言われたからなんだろうな・・・
まっちゃんじゃなければ言えない言葉だもん

師弟愛の深さを感じる名シーンだった。


ああ、こうやって書いているけど
結局はどこも名シーンだらけだった。

去り際のハナさんもカコイイし

ザピーナッツの
「おとっつぁん、お粥ができたわよ」
を自らハナさんが言ってくれたし

植木おとーさんは最後まで粋だったし

登美子さんは本当にいい奥さんだったし

まだまだ書ききれないよぉ~
みなさん、あまりにも素晴らしくて
スタッフも出演者もすべての方々が上質のドラマを作ってくれたことに感謝しかない!!

スポンサーサイト



カテゴリ: 植木等とのぼせもん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4532-65e9d969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top