FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

夢のデュエット(追記あり)

今、新宿から多摩へ帰還!

ジャパンプレミア上映会&トークを観てきました。

あああああ

神様ありがとう

生きててよかった・・・

ヘドウィグとヘド姐さんへの永遠の愛をささげ続けるワタシへのご褒美か

ああああ

そう、目の前で起きていることが信じられなかった
まさか、ジョンとコウジのデュエットを生で聴けるなんて

こんな奇跡みたいなことが起こったのだ。

それはトークが終わりかけたころ
ジョンがコウジヤマモトになにやらひそひそと話しかけていたのだ。
そして、それにウンウンとうなづずくコウジ
コウジの方から聞き返したり、それにジョンが答えたり・・・
ささやき声で耳元でやりとりしていたから、
いったい何を話しているのかわからなかった

・・・・と、

ジョンが歌いだしたのだ
Origin Of Love の一節を

それはそれは優しく語り掛けるような声で。

ジョンがワンフレーズ歌うと
今度はコウジがその続きを歌いだした
耕ちゃんの声は柔らかでジョンより少し控えめだった。

うあああああああ
なんなんだ
なにが起きているのだあああ~

もうすでに心臓バクバクで死にそうになった

ジョンが歌ってコウジが歌って
またジョンが歌って・・・
そしてそこでジョンが終わろうとしたら
耕ちゃんが強いコウジボイスでその続きを歌い続けたのだ
あまりに感激してうろ覚えだが
And then fire shot downのあたりだったような気がする。

すると、それに応えてジョンも強い声で歌い始めて
二人の声がひとつになって
時にはハモリ
時には重なりながら
Origin Of Love が続いていき
ジョンとコウジは見つめあって歌い
ジョンがだんだんと声のトーンを下げていくと
それに呼応してコウジボイスも小さくなっていき
最後はささやき声になって
And looking through one eye
で、この夢のデュエットは終わった。

「one eye」の時の眼を指さすしぐさが二人とも同じだった気がする

そして歌い終わった2人がハグ!!

ゆ、ゆ、ゆめじゃないのか、これは

Origin Of Love の一部分だけだったが
あんなに歌ってくれるとは・・・

もう、信じられない光景で
まさかこの二人のデュエットがあるなんて
神はいた!仏もいた!
この感激をなんといったらいいのか

ジョンとコウジヤマモトが二人で一緒にOrigin Of Love をアカペラで歌う

こんな夢のようなデュエットが実現したなんて

まるで予想していなかったので
感激しすぎて泣けて泣けて・・・

本当に夢のひと時だった。
生きててよかった(涙)


そんなトークのあったプレミア上映会
今日はもう力尽きたので感想などは明日ちょっと書きたいです。

ジョンのインスタに耕ちゃん登場


ネットでたくさんの写真とレポがすでに上がっていますね
ジョンと耕ちゃんはヴィヴィアンウエストウッドのお洋服でした。

・ニュースウォーカー
山本耕史、ジョン・キャメロン・ミッチェルと突然の生歌披露!
2人のヘドウィグに会場が熱狂


・シネマカフェ
ジョン・キャメロン・ミッチェル監督、9年ぶり来日!“ヘドウィグ” 山本耕史と再会


・シネマライフ
本作で青春時代を思い出したという山本耕史“何かに向けてまっすぐに向かった時が青春”―『パーティで女の子に話しかけるには』ジャパンプレミアでミッチェル監督と山本耕史が久々の再会


・映画ナタリー
ジョン・キャメロン・ミッチェルが山本耕史と再会、即興デュエットでファン沸かせる


・デイリー
山本耕史&J・C・ミッチェル監督が「ヘドウィグ-」ソングを即興で熱唱


・映画コム
J・C・ミッチェル&山本耕史ダブル“ヘドウィグ”の生歌サプライズに約500人が感激


(追記)
・エッジライン
山本耕史、ジョン監督と「ザ・オリジン・オブ・ラブ」を熱唱!
「だって、ジョンが突然歌えるかっていうから。完全アドリブ」


・共同通信




スポンサーサイト

カテゴリ: ・HEDWIG

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

こんにちは。耕史さん関係をもれなくアップしてくださっているので、よく読ませていただいております。

ジョンのプレミア、とくに歌のところを詳しくレポしてくださってありがとうございます。ニュース映像も見損なったし、どんなだったのかなって知りたかったんです。

急に歌おうって言われて、即歌えるなんてなかなか普通の俳優さんだと難しかったと思うんですが、さすがですね。ジョンの耕史さんへの気持ちが、よくあるようなリップサービスではなくて、本物だということがよくわかる流れでしたね。

最近のお仕事、ファンでない方や結婚の話でしかよく知らない方にも、期待のナナメ上を行く実力派だということを見せつけてくれてうれしい限りです。ブログもお忙しいと思いますが、これからも楽しみにしています。
URL | まりる #sSHoJftA
2017/10/28 11:02 * 編集 *

ありがとうございます

まりる殿

いつもこんなアホブログを読んでいただき
本当にありがとうございますヽ(^o^)丿

「もれなく」だなんて、とんでもない!
いろいろ抜けていることも多いし、すべてを網羅していないので
そんな風に言っていただいて恐縮です。

ジョンとコウジヤマモトの夢のデュエット
拙い文章ですが、少しでもその雰囲気が伝わったのなら嬉しいです。
耕史くんの中にいつもヘドウィグが存在しているんだなぁとしみじみ思いました。
初演、再演、再再演を経て確実にヘドウィグが彼の中に生き続けているような気がします。
ジョンも本当にうれしそうでした。

コメントありがとうございました。
これからもよろしくお願いします(^^)/
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2017/10/29 11:19 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4524-0bb710d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top