FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

守綱パパ(第8回)

「今日も綺麗だ」

ふはぁ~

「今日も綺麗だ」

ひゅひぃ~

「今日も綺麗だ」

ほひょ~~~

いっきに6年後に飛んじゃって、すっかりパパになってて
もう「守綱さま」じゃなくて「守綱パパ」だった。

もちろん、相変わらずカッコイイし美しいし・・・
でも、心乱れるようなあの守綱さまの耽美で独特な世界はなくなったなぁ・・・
アタシの「守綱さま」は封印されたのね
・・・と油断してたら(笑)、最後にこのセリフだもんなぁ

「今日も綺麗だ」

別に自分が言われたわけなじいのに
いやぁあ~~~ってなってとろけちゃった(てへへ)

この嬉しそうな顔
幸せオーラな顔
罪がないなぁ

角が取れて丸くなったというよりは
愛に満ちて毎日が幸せなオーラに包まれている感じ

きっと音楽に関しては決して妥協を許さない
厳しい守綱さま健在なんだろうけど・・・
愛する妻と子供たちという安らぎの場がゆるぎなく存在してるから
もう、いつ崩れてしまうかというもろさへの不安がないんだろう、きっと
だからあんなにも穏やかなお顔をなさっているのよね
守綱さま、いや、守綱パパは。

「ただいま~」

って帰宅して玄関に入ってから奥さんしか見てない

子供たちが「パパ~」と出迎えてるのに、最初っからずっと奥さんしか見てない!!
それもホントにうれしそうに奥さんを見てる。
その嬉しそうな顔といったら、もうキラッキラしてる

まさに、徹子さんがおっしゃっていたとおりのパパがいた!!

あまりにもキラキラしてて若返っているような感じさえするもんなぁ(笑)

「今日も綺麗だ」っていうセリフを聞いた時、次回のウチくるの予告で
「奥さんに言うんですか!?可愛いね~とか」
と聞かれて
「それはもうしょっちゅう」
と答えたコウジヤマモトが浮かんでしまった(あはは~)


トットちゃんのおうち、当時にしてはすごい最先端
ダイニングで食べてるし、ソファーがあるし
当時こんな洋風な生活してるなんてめっちゃハイカラだ~

トット助と呼んでいるのが、またなんとも微笑ましい

白シャツ姿や、入学式の日のハットにスーツ姿
クラシカルな服が似合い過ぎるほど似合ってて
守綱さまから守綱パパへ移行してても、そのハンサムぶりは変わっていない。


ただ、やはり震えるほど悶えたのは
回想シーンの守綱さまだった。

第九が流れる中、初めて朝さんを連れてきた場面の後姿のカコイイことといったら
ロングコートのバックショットは背中が趣味過ぎて死にそうだった。

そして、バイオリンを奏でる守綱さまのドアップ
あの切なくも美しいお顔
ああああ、魂もっていかれたぁぁぁ
「狂おしいまでに会いたい」
でなくって(笑)
「狂おしいまでにリピしたい」

もう絶品でござった・・・


トットちゃんの言葉がとっても品があっていいな~
これは朝さんがそうだったからなんだろうけど
あんなにはっちゃけた6歳なのに
「おじちゃまにいただいたの」
「理由がないと開けてはいけないっておっしゃったから」
「お机の蓋が開くの」

聞いていて、すごく心地よいなぁ

守綱パパのお兄様が登場
兄弟がいたのね~~
お兄様と姓が違うのは守綱さまが黒柳家養子になったから。

ロッキー!!かっこよくて可愛い~~~
そして
なにげに小さい声でトットちゃんと一緒にドイツ語をリピートしていた弟くんもカワエエなぁ

スポンサーサイト



カテゴリ: トットちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4509-29882bcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top