FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

MAGNUM1031

メンフィス

HEDWIG

マハゴニー市の興亡

Lost Memory Theatre

薄桜記

ドキリ★ソング by 信玄・謙信

竹中半兵衛

死刑基準

くろねこルーシー

Woyzeck

JAM

鳴門秘帖

Links

RSS Field

All Entries

Search

SOZAI

Powered by FC2blog

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

植木等とのぼせもん 第2回感想(2)

牛~~
ハリボテ感がありすぎる牛~(笑)

パーマ大佐の三つ編みがカワイ過ぎる(笑)
青島幸男さんも登場した~

みんな現場であんな風にアイデアを出し合っていた時代なんだなぁ
この場面のために本物の牛を用意したドラマ班の本気度すげ~

で、クレージーの演奏場面
前回のエンディングにも使われてたけどホントにみなさんカッコイイ
マジでプロだもんなぁ
ミュージシャンとしても一流だったクレイーーキャッツ
その再現レベルの素晴らしさよ
このオリジナル曲がめっちゃいい
どっかでマジ演奏してくれないかなぁ


振り向かないでをルンルン見てる松崎くんに
ひざかっくんをする植木コウジ

あの、背後から近づいてくるときのむむむ顔
そして、カックンした後のいたずら小僧顔

にくめないなぁ、ホントに


列車コントの場面のツボは
なんつったってジョンソン先生の登場だ(違)

よいよいのおじいちゃんで登場した感じだけでも
ジョンソン風味満点なのじゃ
出てきた瞬間に
「お久しぶりです、ジョンソン先生!!」
って思ったもんね(笑)

で、変装を脱ぎ捨ててえっへへって笑うとこなんか
まんまジョンソン先生過ぎて、
あのジョンソン、このジョンソン、そのジョンソン
いろんなジョンソン先生がフラッシュバックしてきちゃったから、
たまらんもう(笑)
ここで佐吉と市松の殺陣もあって(殺陣と言っていんだろうか(笑))
いろんな方向からのめっちゃサービスシーンであった。

スポンサーサイト

カテゴリ: 植木等とのぼせもん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4430-54c6a48c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top