FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

植木等とのぼせもん 第1回感想(4)

病室の場面で一番好きなのは、少し起き上がって
一点を意味なく見つめている植木コウジの顔

なんともいえない哀愁と切なさとむなしさと孤独と
なにか戸惑いを抱えているようなそんな顔

哀しいってほどではないが、どこか切なさを感じる・・・

ああ、こういう顔が好きだ~

さらに、誰もいなくなった病室でひとり横になっている植木コウジの顔

疲れ切っているのにいろんなものを背負っている男の哀切があって
やはり、どこか悲しい・・・

ああああああ
好きだああああ~
こういう顔ができてしまうのがコウジヤマモトなのだ!!


松崎くんとの最初の出会いの場面

声がひっくり返るほど緊張している松崎くんをどんと受け止めている植木コウジ
この二人の対比がすごくいい!!

そして

家に帰ってきての松崎くんとの二人のシーン

ここがイチバン感動したなぁ

淳君があまりにも一途でけなげで
それを見守る植木コウジのいい男ぶりが最高なのじゃ~

表面は静かに、でもにじみ出るやさしさ

松崎の一生懸命さに心を打たれて愛情をかける植木コウジ
表には出さず、あざとくなく、あくまでもゆっくりゆったり構えてて
でも、見るべきところはちゃんと見ていて
やさしさと愛情にあふれている
・・・植木コウジはそんな男の魅力を感じさせてくれるのだ。

また、そういう植木コウジを引き出してくれているのが
松崎くんの純粋で一途なひたむきさの伝わる姿なのだ。

この二人の演技のキャッチボールが素晴らしい~
いいコンビなんだなぁ

淳君のインタビューを読んでからこの場面を見ると、
実際の師弟愛がそのまま投影されている気がする。

「俺のことをオヤジと呼べ
君は早くにお父さんを亡くしたから
俺のことをオヤジを思えばいい」

そういわれた時の松崎くんの表情
感激のあまり涙を浮かべているその顔を見たら
こっちまで泣けたぁぁぁ・・・

なんかすごく感情豊かで純粋な人なんだなぁ

淳君のこの表情が本当に素晴らしいですうううう

何度見てもここで泣けてしまうもんね

さらに

「言ってみろ」

って言ってる時の慈愛に満ちた植木コウジの表情にも感動

ああ、泣けるううう

と、ウルウルしてると植木おとーさん登場(笑)

この脱力感が絶妙

泣いたり笑ったり
見ているこっちがホントに楽しめるドラマなんだよなぁ

ここは眼鏡萌えもあるうううう
ああ、ありがとうNHKさん
眼鏡コウジは大萌えなんですうう

眼鏡コウジ萌えるううううううううう


エンディングのバンド演奏
めっちゃめちゃカコイイ~~~

しびれるうううううううう

このエンディング曲は今回のオリジナル曲なんだよね!?
ジャズテイストでスゲ~カコイイ

生で聞きたいよぉ~

なんかのゲストで呼ばれて出ないかな
このメンバーでのクレージーキャッツで!!

バンドのレベルが高くて本格的


植木等とのぼせもんは
なにもかもがレベルの高い上質のドラマだった!

来週が楽しみぃぃぃ~

もう5回もりぴしちゃってます
どこも早送りするところがないもんね

スポンサーサイト



カテゴリ: 植木等とのぼせもん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4422-3297f154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top