08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

彷徨う日々

あ~~~~~~

頭が変になりそうじゃ

なんでもいいからコウジ情報ください!!

メンフィスの新ビジュまだでっすかぁぁぁ

♪くだらないことしゃべってないで
ヒューイを出して早く♪

毎日毎日、日に何度もメンフィス公式アカウントを開いては
新ビジュが載ってないか確認してんのよぉ

ああああああ~





思った以上に蘭ロスがきてる自分

ぶっちゃけると新感線さんのテイストがあまり自分には合わなかった。
セリフの言い方とか、作品の世界観がけっこう苦手だった(^^;

だからそんなにロスも来ないとおもっていたのに・・・

それが

ううううう

「いま天」状態になってしまってるし
蘭ロスが日に日に来ててつらい~~

ふっとよぎる
「あんまりこいつを鳴かせるな」
とか
「楽しい!?
ああそうだ、楽しい」
とか
「しょせん外道だ」
とか
蘭兵衛の声でいきなり脳内再生されてしまう

絶対的に白蘭押しだった拙者だが
最近思い出すのはなぜか黒蘭ばかり
(黒ヒースを見まくったせいもあるかも)

あのポニテにしたときのうなじの美しさとか
横顔の鼻の美しさとか
獲物を狙う黒豹のような眼とか
悪い笑みを浮かべる、赤くてエロイ口元とか

思い出すだすだけで鼻血出るううううう

無界の里に黒蘭と天魔王が乗り込んできた瞬間に

「キタ~
やれ~
殺せ~」

とウキウキしていた自分を思い出す(あはは(^^;)

天魔王と蘭兵衛の二人が並んでいるだけで
ワクワクしたもんなぁ

この二人の場面がとにかく好きだった。
屈折した愛の世界なんだもん

屈折大好き
非情大好き
禁断大好き

言葉と心が裏腹なのが好き

ややこしいのが好きなのさ~

なんか観終わってイチバン残るのはあの2人で
拙者にとっては、
「天魔王と蘭兵衛の愛の物語だった」
といってもいいくらい。

わたしにとっては「髑髏城の2人」だった。

そういうのが好きなんだもんね
あたしゃしょせんは外道っすから(笑)
スンマセン(^^;

(もちろんみなさん素晴らしかったので
あくまでも拙者の趣味があの2人だったってことです)

今回は病気のせいで
やっと舞台を楽しめるようになってきた
自信がついてきたぞ~
・・・・ってところでオーラスが来ちゃったからなぁ

今になって、
「もっと蘭兵衛を観たい」
っていう欲望が湧き上がってきてて
困るうううう

特に黒蘭

公演中はめっちゃ白蘭押しだったのに
いまさら黒蘭萌えが大きくなってるアタス
舞台が終わってからこんな気持ちになるなんて
アホかぁぁぁ~~~(>_<)

この感情の持っていきどころがなくて
彷徨う日々なのだ

♪どこへ行けばいい
どこなら見つけられる♪

♪この苦しみから逃れられないのか
果てしなく続く狂気の世界~~♪
(by サリエリ様)

気分はサリエリさまの「痛みこそ真実」じゃ~~~

ってそんな大げさなもんじゃないっすけど(笑)

要は、コウジ不足で悶々としているてことなんだろうなぁ

なんでもいいいからコウジください!!!
メンフィス新ビジュ早くうううう

10月までにもなにかないか~

心の支えください~~~

そんなこんなで、日々アホな妄想をして
こんな風にここで書き散らかしている愚か者なのであった・・・

あははは~~~

スポンサーサイト

カテゴリ: 髑髏城の七人

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4342-a26ec9bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top