07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

「狂おしいまでに会いたい」

なんだか蘭兵衛さまが終わって気が抜けてしまい
寂しさがこみあげてきた・・・

コウジ舞台が恋しいぃぃぃぃ~

メンフィスまでまだ遠いなぁ



自分の黒蘭兵衛の記事を読んでいたら無性に黒ヒースが観たくなり
久々に嵐が丘を観た~

ああ初めて黒ヒースを観たときの衝撃が蘇った!!
あの黒コスは最強~
まさに黒の衝撃

そして

墓堀りから「狂おしいまでに会いたい」へ・・・

今見ても泣けた

この苦悩、この屈折した愛

ザ演劇に飢えていたから
ヒースはその飢えを満たしてくれた。

哀しくも激しい生きざま
愛と憎しみに彩られた壮絶な人生

ああ、今思うとそうだ!!
蘭兵衛とは状況は違えども
ヒースも、人生をかけて愛した人に先立たれて
ひとり生き残って苦しむ役だなぁ

愛に囚われ、先立たれた孤独と苦悩
それゆえの狂気

死ぬことでしか解放されない哀しい宿命

コウジヤマモトはこういう役が多い
こういう役が絶品

なんでだろう

素のコウジヤマモトは愛にあふれてるのに
なぜかこういう役がハマるんだよなぁ・・・

ヒースは本当に壮絶だった
いま観るとまた違った感想も出てくる

「狂おしいまでに会いたい」

ああ、本当にすさまじいなぁ

スポンサーサイト

カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

同感です!

レクさん、回復に向かわれているようですね。良かったです。どうぞご無理をなさいませんように、ボチボチどうぞ。

偶然にも私も昨日「嵐が丘」を見て、ヒースに改めて衝撃を受けていました。レクさんの記事を拝見して、あまりの偶然にビックリしました。あのお墓を掘るところから「狂おしいまでに会いたい」は何度見ても胸が締め付けられるようで号泣です。コウジヤマモトの真骨頂ですね。

バイオリン奏者も楽しみですが、何といっても年末の「メンフィス」が楽しみですね。それまでには本調子に戻られることをお祈りしています。
URL | ちえ #-
2017/06/17 19:03 * 編集 *

おおおおおお~

ちえ殿

なんと、ちえ殿もヒース沼に浸かっておられたとは
一緒ですなぁ\(^o^)/

墓堀りヤバいです
狂おしいまでに、ヤバいです
黒ヒースで初めて登場するところもヤバいですし
命なしでは生きてはいけない
魂なしでは死ぬこともできない
ここもヤバいです・・・

ヤバいとこだらけで魂もっていかれますよね~

メンフィスまでまだまだですが
ドラマもあるし
バイオリニストだし
楽しみですううう

ヒューイの新ビジュあるが待ち遠しい毎日
待つものがあって心の支えになりまする。

お気づかいかたじけない
薬の効果があって日常生活が普通にできるようになってきました。
バイトも少しずつやってます。
あたたかいお言葉、ありがとうございます
(*^-^*)
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2017/06/19 06:52 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4340-9e3f718d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top