05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

髑髏城花千秋楽(3)

※カテコの記憶は曖昧なので違うところもあるかもです(^^;
そこんとこよろしくです

1回目のカテコからこぶしを上げて出てきた蘭兵衛様に驚きました~

今まではカテコでもどことなく蘭兵衛の雰囲気も残していたのだが
昨日は、こぶしをつき上げて出てきたその顔は
完全に素のコウジヤマモトだった。
いつもの耕ちゃんの顔。
満面の笑顔で、しかも
「俺たちついにやったぜ!!」
という、ちょっと少年ぽいような男の子の顔つきだった。

蘭たまの格好とメイクでこの表情だったから
そのギャップが微笑ましかった。

カワエエ~~~~

胸がキュンとしたもんね

で、感動したのはそのあと。

最後に主演の小栗さんを迎えるとき
誰よりも早く、誰よりも強く
手を高く掲げて小栗さんへ拍手を送っていた耕ちゃんに感動。

主演の小栗さんへの尊敬と健闘をたたえての力強い拍手をするコウジヤマモト
その男前な姿に惚れた~~~(いまさら)
惚れなおしました~~~(何度目だ)



捌けるときにメインのみなさんは耕ちゃんに習ってみんなでこぶしを上げて
「おー!!」
ってやってて、また感動。


カテコの2回目で座長挨拶
「85公演をひとりも欠けることなく無事に終えることが出来ました。
ありがとうございました」

会場大拍手
私ももちろん、チーム花の皆さんへ心を込めて拍手。
本当にこのロングランを無事に完走できてよかった~~~

と、座長はこのあと
「えっとぉ・・・
ここで新感線恒例のせんべい撒きをしたいんですが…
え!?もうすんの?取りにいくんだっけ?」
とおっしゃり、キャストの皆さんがぞろぞろとお煎餅を取りに引っ込んでいった(笑)

古田さんだけ舞台に残って
「ホントはさっき捌けたときに持って今出てくるはずだったのに段取り悪くて~」
みたいなことをおっさって会場爆笑。

お煎餅の入った赤い紙袋を手に、ぞろぞろと戻ってきたキャストのみなさん。

小栗さんが古田さんの分の紙袋も持って登場。

「みんなの分あるからケンカしないでね」
みたいなこともおっさっていた。

そして始まった煎餅撒き

拙者のような後ろの席には、荒武者隊や無界の里の方々が客席の通路まで来て、一列ずつ配ってくださり、
みんな、お煎餅を隣の人に渡していったのだった。

さて、煎餅撒きの耕ちゃんは・・・いうと。

ニコニコしながら
前の席の人たちに投げたり
たまに遠くに投げたり
いずれもアンダースロー

そんな風に撒いてる姿を見ていたら
高幡不動の節分の豆まきコウジを思い出したっすよぉ

撒くお煎餅がなくなったら紙袋を前のお客さんにあげていた耕ちゃん
さぎりちゃんにも
「紙袋もあげなよ」
ってうながしてて、さぎりちゃんも紙袋をお客さんにあげていた。

さぎりちゃん、自分の腰にお煎餅を1枚入れてて
古田さんから突っ込まれていたなぁ(笑)

耕ちゃんは、終始ニコニコ
あの蘭兵衛ヘアーと蘭兵衛コスで素の笑顔ってのが
なんかミスマッチ感があってウケた~~

ニッコニコしててキャワエエんだもん

3回目のカテコのときだったか
天魔王たんがわざわざ蘭たまのところへ寄ってきて
水色の着物をこちょこちょってして触ってて
蘭たまが「よせよ、ふふふ」って感じで笑ってた。

蘭たまは、まずさぎりちゃんとハイタッチ
その後捌けながら捨ちゃん、天ちゃんともハイタッチして去っていった。

4回目のカテコでは捌けていくときは蘭たまが天たまの肩を抱いてたっけなぁ

天魔王たんは、何回目のカテコだったか忘れたけど
捨ちゃんの着物の裾をめくって太ももまで見せて
そのあと蘭たまの裾もめくっていた(笑)

なんてきゃわいいんだ、天魔王たんは!!!

蘭たまは、カテコの度に、去り際に客席に向かって両手でお手振りしていました。

最後ののカテコで小栗くんが

「すみまさんが、もう着替えなきゃならないし
片付けもあるのでこれで」

みたいなことをおっさっていて、会場は爆笑しつつ最後に拍手を送って
カテコは終わった。

記憶があいまいなので回数とかうろ覚えですが・・・

みなさん、本当にお疲れさまでした。



耕ちゃん、いい笑顔だったなぁ

さわやかで清々しさのある笑顔
やり切ったという達成感と無事に終わったという安堵感
・・・そういう笑顔だった。

見ているこっちもすがすがしい気分になれた。
そんな笑顔を観ることができて幸せでした~
しかも蘭兵衛姿のまま(笑)


今回の公演で、あらためて山本耕史という役者のレベルの高さ、素晴らしさを実感しました。
そして、美しいうことがどういうことなのかを目の前で見せれくれて、その美意識の高さに惚れなおしました。

本当にお疲れさまでした。

今回、公演中に病になりつらい思いもしましたが
励ましてくださったみなさんに感謝です。

メンフィスまでに治すぞ~~~~






スポンサーサイト

カテゴリ: 髑髏城の七人

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4336-2a5585df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top