09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

メラメラと

昨日の蘭兵衛さま

もちろん、今までに書いてきた感想記事のまま
いやそれ以上に、あの場面もその場面も素晴らしかった。

一幕のラスト蘭なんて
さらにさらに殺陣の美しさに磨きがかかって
芸術的な耽美さっていうか見事さっていうか
とても言葉では言い表せない美しさで
ひとことでいうと
「無形文化財」に指定
だな。

貞子スタイルはさらに激しく、さらに乱れて
もう趣味すぎて死にそう、っていうか死んだ・・・

(娘の影響でザンバラ白蘭をこう呼んでしまう(笑))


昨日の黒蘭は嬉々として殺戮を続けるその恐ろしさが増していて
刀さばきが怖いほど躊躇なかった。

でも、去り際の この微笑みの邪悪度が薄かった。
前に観たときはねちっこいほど邪悪に微笑んでいたが
昨日はどちらかというと無邪気に微笑んでいた
(それも怖いが)

そういや、一幕のラストの白蘭も、
この回
に観たときはめっちゃ戦闘モードで、
決意というより怒りにあふれたようなオーラが出ていたが
それ以降は、ワタシの見た限りでは、
あれほどの戦闘モードオンリーではなく
覚悟を決めた強さと、内に抱える危うさが出ていた気がする。

こういうのが舞台を観る醍醐味ですなぁ
日々変化したり進化したリ
ひとつとして同じ舞台がない

昨日は、青蘭で、兄さの白鳥の湖を見てちょっとにやっとしてた蘭たまが見られた。
オナゴ衆に囲まれてなかなか見えないのだが
昨日の席だと蘭たまの顔が見えたのだ。
兄さを見てはクスっとしたり、オナゴたちの話にうなずいたり・・・
蘭兵衛の、数少ない和やかな日常の顔だった。

そんなこんなで、いつもどおり蘭たまロックオンで萌えまくったわけだが
昨日イチバンぐっときた場面があった。
それは、蘭兵衛が髑髏城に単身で乗り込む決意をしているところ。

捨之助には三日は動くなと言われ
太夫にも
「お前達を心配させるようなことはしない」
と言っておきながら
一人になたっときに言うのだ

「悪いな太夫。
俺は俺のイチバンやるべきことがわかっている」

(セリフは正確じゃないかもしれませぬが)

このセリフを言っているときの蘭兵衛の眼
少し潤んでいるようで、奥底にメラメラと燃えるものがあった。
この時の眼がすごかった。
この眼のすさまじいメラメラが胸に刺さった。

強い意志と悲壮な決意
燃え上がる闘志

ああ、この眼は
私にとってイチバンやばい眼だ・・・

そう、副長と同じ眼なのだ。

(副長と同じってのが私流の最大の賛辞なんですう)

単なる「目力が強い」っていうだけではない
眼の奥にメラメラと燃える感が特別なのだ。

感動したあああ~
もう激カコイイ~~~

震えました、ホントに。
痺れました、マジで。

鳥肌もので体がフルフルしちゃったもんね。


余談ですが
昨日一緒に観た友は、一幕が終わって休憩になり一緒にトイレに行こうとしたら
「足がつって痛くて立てないんですうううう」
と言って辛そうだった。
一幕のラストへの流れで、まずスクリーンに彼岸花が映し出されて
それから幕が開くと彼岸花の中に蘭兵衛がたたずんで笛を吹いているのだが
スクリーンに彼岸花が映し出されたときに
「ああ、あの蘭兵衛さまが来る~~~」
とあまりに体全体に力が入って、ぐっと足を踏みしめた瞬間に
足がつったんだそうな(笑)
で、足がつって痛くてたまらないまま蘭兵衛さま登場で
痛みをこらえながらガン見していたんだそうな。
「あまりにもあの場面が楽しみ過ぎて足がつってしまったんです」
とな(笑)

休憩に入っても痛みで立てなかったとのことだった。

あはははは~
でも、その気持ちわかるうううう



スポンサーサイト

カテゴリ: 髑髏城の七人

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

フルフルあるある

わかります。
見つめすぎてドライアイやらぐっときて鳥肌やら色々あるわけですが特に血流、乱されますよね。
われら心拍数が高まるのは蘭べえさまがそう、
>「無形文化財」
そうよそうよそうよ。
すべてのシーンで美しいカッコいいありがとう。
体が反応しすぎても無理はありませんよね。
しかし。
繰り返すけど、「美」すぎるんですわ。ね。
URL | タイム #EKsGaSlY
2017/06/08 13:25 * 編集 *

欲張りで

タイム殿

コメント感謝です\(^o^)/

私の登城は残すところあと1回。

体調に不安をかかえての観劇で、少しましになったとはいえ
今もそうなので、今回の舞台は丸ごとどっぷりというわけにはいかず、
なかなかつらいものがあったのですが・・・
それでも、蘭兵衛さまの「美」はあまりにも凄すぎて
美しいということはこんなにもまぶしくて衝撃的で
胸をかき乱し、震えるものなんだ
・・・とあらためて実感しました。

おっしゃるとおり
「美」
なんですよね、すべてにおいて・・・

で、和の美を見たあとには洋も見たくなる・・・
ヒューイはもちろんイチバンの楽しみですが
洋物コスプレが見たいなぁ
究極の耽美で
・・・とファンはあくまでも欲張りなものですね
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2017/06/08 19:11 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4324-5198ac9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top