04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

友からの陽炎の辻・公開セミナーレポ(6)

【VTR上映/
第1回「友よ」奈緒と磐音
第10回「とわの契り」白鶴吉原乗込み
パート2最終回「旅立ち」最後の奈緒と磐音
パート2第9回「決断」屋形船でのおこんと磐音】


耕史くん
「普通の三角関係ではない、ちょっと不思議な3人でした。
3人が3人とも、誰かを貶めようなんて考えない。
(中越さん、笛木さん)おふたりとも、お芝居するうえで自然体で居られる方でしたので、
そういう関係も上手く描けたのだと思いますね。
でも、それもこれも全て一柳さんのおかげです(笑)」

司会
「尾西さんからも
〈おこん、奈緒、磐音の3人は自分でも良くかけたとキャラクターだと思います〉
との回答をいただいてます。

奈緒さんは今どうしてるんでしたっけ?」

耕史くん
「僕と顔のそっくりな人と結ばれましたよね」

西谷さん
「その方も亡くなって、娘2人と江戸で紅花の店を出したところまで完結編では描きました。
原作では3人の子がいるのですが、ドラマでは娘2人にしています」

司会
「それで確か、関前に戻って事業を興すんですよね」

西谷さん
「時代劇は愛も人情も、ギュッと凝縮したドラマが描けるんです。
現代ドラマじゃ、もうやれないようなことも出来る」

耕史くん
「陽炎の辻には、剣も、愛も、長屋の人情も…用心棒もしてますからね。
盛りだくさんなドラマでしたね。
また、僕たちが描こうとした以上のものが、偶然に出来てたり。
意図した以上のものが受け取ってもらえたり。
本当に偶然に偶然が重なり、ラッキーなことが重なった、
全ては一柳さんのおかげです(笑)」


司会
「時間もなくなってきたので・・・
最後に来られた方からひとつだけ質問をお受けします」

質問
「完結編で磐音が
『もう刀は握れません』
のあとに
『商売替えをなさるがよい』
って言ったことが気になります。
以前の磐音さんは言わないような言葉じゃないか…と思って」

耕史くん
「確かに
『商売替えをなさるがよい』
とは(以前なら)言ってませんね。
きっと、勿体無いと思ったのじゃないですか?
かなりな腕の持ち主なのに、刺客に身をやつすなんて…
だから用心棒なんか止めて、商売替えをしたらどうですか?
とアドバイスしたんですよ。
磐音さん優しくなったんですね」


この後は、時代劇のこれからのあり方、
若い人にどうみてもらうのか
などの話がもっと語られましたが、それは省きます。

覚えているのはこんな感じでした。
(やばそうな爆弾発言はカットしています(笑))
終始笑いの絶えない楽しいトークでした。
これでレポは終わります。


・・・・


・・・・・


・・・・

友よ、本当にありがとう
ああ、ワタスも行きたかった・・・

でも、こんなに詳細なレポを読むことができて
ホントにうれしいです

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/




スポンサーサイト

カテゴリ: ・山本磐音

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

感謝

毎度毎度レク様のお友達には感謝であります。そして、素敵なお友達に囲まれレポをアップしてくれるレク様にも感謝感謝です。ありがとうございました。
(・・・・・やばそうな爆弾発言が気になるけど・・・)
URL | haru #-
2017/05/04 19:38 * 編集 *

コメントありがとうございます

haru殿

そうなんですよね
友にいつも助けられています!
自分が行けない時も
後ろ向きになっているときも
友達の助けは本当にありがたいでものです。
ホント、みんな拙者より何倍も記憶力があって
文章もうまいんですから~
そして、こんな風にコメントを入れてくださるharu殿にも感謝です。
なにかと孤独を感じる今日この頃
コメントがうれしいです
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2017/05/05 07:46 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4293-7dd2833e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top