06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ヅラッカ事件再び

昨日は蘭たまのヅラが落下したらしい

しかもあの天魔王たんとの対決シーンで・・・

でも、ヅラもキャップも一瞬のうちに取り払って地毛のまま
マイクも飛んでしまった中での見事な殺陣シーンを成し遂げたとな!
マイクなしの生声も通ったとな!!

茶髪ショートヘアーの黒蘭もカコヨカッタだろうなぁ

殺陣の流れがまったく止まらなかったそうだ
さすがだ、コウジヤマモト

茶髪ショートで最期をとげる蘭たまを見てみたかった・・・


ヅラッカ事件といえば思い出すのはテンペスト
拙者が観劇した日に起きたのだ。

その時の詳細レポはこちら

あの時は、いったん動きを止めて

殺陣が止まって、みなさんヅラ待ち状態…
拙者のレポから引用すると

「浅倉殿は、ヅラを拾って被ろうとしつつ

「カツラがとれました~
 すみません。
 ちょっと待ってくださいねぇ~」

と言った。」

「1回被ったけどなかなかしっくりこなくて、
ちょっと手こずりながらもなんとか被り直し、
小声で「ここからいきます!」と舞台上のみなさんに合図

その後、浅倉殿の口調に戻って
「ネイヨンを放せ!!」
と凛々しく言って、殺陣シーンが再開したのだった」


あっはははは~
今読んでも笑えるううう

1回かぶったけどしっくりこなくてかぶりなおしたってのがツボ(笑)

観ながら心臓バクバクだったもんね・・・


今回は殺陣の流れやスピードを止めることなく
一瞬の判断で地毛になって戦い続けたとのこと。

すごいなぁ

耕ちゃんもすごいし
相手をしていたソンハさんもすごい

動じることなくバッシバシな殺陣を魅せてくれたらしいから

ヤンヤヤンヤ

プロって凄いもんだあああ









スポンサーサイト

カテゴリ: 髑髏城の七人

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4285-5733da67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top